・愛山 (愛山11号)(兵庫)
 1941年兵庫県で「愛船117」と「山雄67」の交配品種。
  灘の酒蔵で使用される。
 
・秋田酒こまち(秋田)
 山田錦並みの醸造特性と美山錦並みの栽培特性。
 「秋系酒251」と「秋系酒306」の交配。
 タンパク質が少なく澱粉質が消化しやすい・

・祝(京都)
 「野条穂」 から純系分離。
 1933年に作られたが収量不足などにより作られなくなり、1990年に栽培再開。
 精米しやすく、低タンパク、吟醸酒向き。

・雄町(岡山)
 現在栽培されている酒造好適米の中で最も歴史が古い(1866年に選出)。
 晩生(おくて)品種、草丈が高い。 
 育成地である雄町と言う名前がつく。

・吟風(北海道)
 2000年に北海道(「米も水も北海道産」)で生まれた品種。
 心拍が大きくはっきりしていて発現率が高く、いもち病に強い。
 
・越淡麗(新潟)
 大吟醸を作るため、山田錦と五百万石を交配させてできた品種。

・五百万石(新潟)
 1938年に菊水と新200号の交配によって誕生。
 寒冷地向けの早稲品種、大粒で心拍がある。
 蒸した時ねばりすぎない(さばけがよい)、外カリ中フワに仕上がる。
 米質が硬いことから淡麗で爽やかな酒になる。

・出羽燦々(山形)
 1985年、美山錦と青系酒97号の交配。
 成熟期は美山錦より2日ほど遅い中生(なかて)。
 玄米千粒重は美山錦よりやや重く、心拍発現率が高い。

・八反系(広島)
 八反草をルーツとする八反35号とアキツホの後輩品種の八反錦1号と八反錦2号。
 八反の収量の低さを改良し、玄米は大粒で心拍発現率も高い。
 2号の方が棹や穂がやや短く、千粒重も心拍も大きい。
  
・ひとごこち(長野) 
 信交酒437号と信交444号の後輩品種。
 美山錦より栽培条件に優れ心拍発現率が良いもの。

・美山錦(長野)
 たかね錦をガンマ線で突然変異させたもの。
 大粒で心拍発現率も良い。
 対冷性があるため東日本に広がる。
 
・山田錦(兵庫)
 1923年「山田穂」と「短稈渡船」(雄町の系譜)の交配により誕生。
 
【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」



ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 

世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」



他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」






English translation of my book