気候と地形
高温の地中海性気候、沿岸は海洋によって暑さが緩和される。
良い葡萄畑はそれほど暑くなく冷涼な地域にある。
干ばつが深刻だが、灌漑に用いる水さえ不足している。

PDOとぶどう品種 
ナウサ(ギリシャ北部のマケドニア地方)
 クシノマブロ(タンニンが多くて酸味が高い。トーニー色、フルーティーさに欠ける、長期熟成による香辛料や土の香り)
 葡萄畑は最高で標高400メートルに位置し、周辺よりも涼しい。 

ネメア(私がバンジーしたコリントス付近)
  アギオルギティコ(低価格のものはジャムっぽくフルーティー、酸味が高く、タンニンが粗い。良いものは滑らかなタンニン、低〜中の酸味、甘い香辛料と赤系果実。オークとの相性も良い)
 標高230〜900メートル、良い畑はこの中腹に位置する。
 低地は暑く、低価格のワインが作られる。

サントリーニ(エーゲ海の火山島)
 アシルティコ(熟した柑橘、有核果実の凝縮された風味、高い酸味)
 ヴィンサント(甘口、遅摘みぶどうを天日干ししオークで二年熟成、高い酸味、熟成が進むとキャラメルとナッツの香り)
 風が強すぎて葡萄畑を台無しにしてしまうため、 株が籠の形に低く仕立てられる。

ギリシャのワインスクールで飲んだサントリーニのアシリティコ。
銀座のロオジエでいただいたのも大変よかった。
IMG_4899