気候と地形
ナント地域は海洋性、アンジュはやや温暖、トゥーレーヌは冷涼で雨が多く粘土質の土壌、サントルは大陸性。
ロワール川は東西に走る川のため、南向きで斜面の中腹、川からの反射光と熱を吸収しやすい立地の畑が望ましい。

ぶどう品種
ソーヴィニヨンブラン(サンセールとプイィフュメのみならず、内陸部に位置する安価なムヌトゥーサロンが重要)
シュナンブラン(粒ごとの熟成度合いが違うので、熟してないものはより分ける。
 ヴーヴレは発泡非発泡両方ある、ライト〜ミディアムボディ、新鮮な果実と花の香り、オークはほぼ使わない。
 アンジュとソーミュールでは泡。
 サヴニエールはフルボディの辛口。
 コートデュレイヨンでは貴腐、カールドショームとボンヌゾーは覚える。)
ムロンブラン(河口南部で栽培。ミュスカデSeMは辛口、アルコール中程度、ライトボディ、酸が高い、緑系果実の風味、主に不活性容器での発酵)
カベルネフラン (開花も成熟も早い。シノンとブルグイユが有名で、早飲み用は砂土壌、長期熟成用は石灰岩と粘土の土壌で作られる)
ガメイ(地味にロワールで2番目に栽培量が多い)

ロゼワイン
生産地はダントツアンジュ。
ロゼドロワール、カベルネダンジュ(カベルネフラン、カベルネ・ソーヴィニヨン。半甘口)、ロゼダンジュ(グロロー)