友人に沢山蕎麦の実を頂きました。
日本の蕎麦の実ってこんなに白くてむしろ緑なんだと驚きました。
今まで食べてた蕎麦の実といえばロシア産のもので、袋に入って売ってるやつはすでに全体的に茶色だったので、かなり炒ってあったんだと思います。
IMG_2810

ロシアの主食と蕎麦の実についてはこちらの記事を参照。

せっかくなので、わたしが一番美味しいと思う蕎麦の実のラタトゥイユかけを作ろうと思います。


蕎麦の実のラタトゥイユかけ
2人
材料
蕎麦の実 1合
ラタトゥイユの材料
 トマト
 玉ねぎ
 にんにく
 にんじん
 ナス
 ズッキーニ など好きな野菜

作り方
ラタトゥイユを作っておく。
今回はテイクアウトしたため画像なし。
具材はざっくりと切る(にんじんは硬いのでやや小さめ)。
オリーブオイルでにんにくと玉ねぎを炒めたら、他の具材を入れ、少し煮る。
沸騰してから5分後に見て、水分が半分以下なら水を半分くらいまで足して、ほかの具材がくたっとするまで煮る。
調味は塩胡椒。

蕎麦の実を茶色くなるまで炒る。
IMG_2811

鍋に移し、お湯を入れて灰汁をとりながら煮る。
15分ほどで柔らかくなるので、お湯を捨てる。
ロシア人はこの熱々の蕎麦の実に塩をかけてバターを落として食べる。
IMG_2815

碗に盛り、ラタトゥイユをかけて完成!
仕上げに粉チーズをかけるとなお良い。
IMG_2816

やはり蕎麦の実は炒るととても香ばしくて美味しいです!
香ばしさとラタトゥイユが絶妙にマッチし、美味しいリゾットみたいになります。
野菜たっぷり、ベジタリアンメニューだけど満足感もあるし、ビタミンも食物繊維も沢山取れるのでとてもオススメです!