ご飯のことならかなりスペイン語がわかるようになってきました。
タコスのオーダーもスペイン語で細かく伝えられるようになってきました。
プラヤデルカルメンの本屋さんでは、ユカタン半島料理本、すなわちマヤの流れを組む料理の本が売られており、アガって買ってきました。
帰国便取ったから、なんでも買える無敵状態で調子に乗りました。
中身は私がメキシコでまだ見たことないフードだらけでとても興味深く拝見しました。
コロナのせいで近々レストランが閉まるため、おそらく食べに行く機会はほぼないのが残念です。
IMG_2138

そしてビーチでのんびりしていたときに売り子さんが売りにきたのが、この本に載ってたキビKibiというもの!
なんだか歯応えのあるカリカリのトウモロコシ?生地の香ばしいパン的なものの中に、玉ねぎのピクルスっぽいやつを入れて食べます。
歴史的にユカタン半島にはレバノン系移民がいるそうで、どうやらこの食べ物もその流れを組む中東のもののようです。
小腹を満たすおやつにぴったりな一品でした。
IMG_2153