今まで帰国しようと思った時って2回あって、1回めは旅の初めの方で足の指の爪が剥がれた時、2回めはイギリスでめっちゃ痔になったときでした。
そして今回、意外と大丈夫だなあと思ってたら起こった、銀行カードの不正利用。
銀行口座は現金引き出し用とクレカ引き落とし用の二つに分けているのですが、現金引き出し用のプレスティア銀行の口座がやられました。
アルゼンチンでは現金が引き出せたものの、ブラジルでは今までどのATMを使っても現金が出せませんでした。
とはいえ、ちゃんとした銀行か、空港のATMしか使用しておらず、怪しい野良ATMにカード入れたりはしませんでした。
カードが磁気カードなので、基本はスキミングかネット経由での情報入手による犯行だそうで、昨日はサンパウロで電車やバスに乗ったし、心当たりはたくさんあります。
もはや経路特定は不可能です。

プレスティア銀行のカードでは、現金が引き落とされた時メールが来る設定にしてあります。
なので、早朝4時半ごろ目が覚めてスマホ見たときに気づき、急いで日本に電話をかけました。
結果私が行ったことのないマイアミからの利用であることがわかりました。
金額の保証をしてもらえるかは不明ですが、現在対応してもらっている最中です。
悲しいです。