明日から南極クルーズに行ってきます。
はじめての船旅でドキドキです。
航路はこんな感じです。
ブエノスアイレスから出て、ブエノスアイレスに帰ってきます。
普通はウシュアイアから船とか、チリのプンタアレーナスから飛行機じゃないの?と思われるかもしれませんが、なんかブエノスアイレス発とか、サンティアゴ発の方が安かったんです。
おそらく理由は南極圏に行くかどうかで、私のツアーではそこまでは行かないそうです。
私はペンギン見たり、星見たり、南極の氷食えたら本望です。
IMG_0740


日程はこちらです。
14 Night Antarctica Cruise
DayDatePort of Call
SunJan 19, 2020Buenos Aires, Argentina
MonJan 20, 2020At Sea
TueJan 21, 2020At Sea
WedJan 22, 2020At Sea
ThuJan 23, 2020Ushuaia, Argentina
FriJan 24, 2020Cruising Cape Horn, Chile
SatJan 25, 2020Paradise Bay, Antarctica
SatJan 25, 2020Cuverville / Gerlache Strait
SatJan 25, 2020Cruising Schollart Channel, Antarctica
SunJan 26, 2020Elephant Island, Antarctica
MonJan 27, 2020At Sea
TueJan 28, 2020Port Stanley, Falkland Islands
WedJan 29, 2020At Sea
ThuJan 30, 2020Puerto Madryn, Argentina
FriJan 31, 2020At Sea
SatFeb 1, 2020Montevideo, Uruguay
SunFeb 2, 2020Buenos Aires, Argentina

南極はどこの国にも属していない土地です。
訪れるには環境庁に届け出をする必要があります。
この紙を記入捺印して環境庁に郵送すればOK、特に返信などはありません。

気になるお値段ですが、ダブルベッドの船室一つで3食込みで4200ドル払いました。
これでジムやらプールやら使い放題だそうです。
このお値段でもう1人のご飯代までカバーできます。
こんな格安ツアー(通常70万は超える)はこのサイトで見つけました。

そしてここがミソ、現地に着いてからのツアー代はこれに含まれていません!
ツアー1つ200ドルくらいしますが、着岸後にいっぱい格段に割安のツアーの勧誘があるらしいです。
しかし船のツアーなら時間が押しても待ってくれるけど、着岸後のツアーだと待ってくれないという点はあるそう。
南極ついてからのツアーが一番えげつなくて、4時間ほどのツアーで300ドルを超えます!
私は予約する前に全部売り切れてて、何ができるかわかりません!
明日船乗ってから考えます!

あとWiFiも別料金、接続デバイス数によって支払額が変わります!
ちなみに1デバイス15日間で300ドルくらいです。
つまりめちゃくちゃ金がかかります!
禁欲的な生活してもトータル50万くらいしそうです!
しかもこのあとのリオのカーニバルも金がかかります!!

船には持ち込み禁止物品ももちろんあります。
刃物類、延長コードやコーヒーメーカーなどのコードがついたもの類は禁止です。
また、ハードリカー類は持ち込み禁止、ワインは1本あたり25ドルを払って持ち込むそうです。
持ち込みたくないものがある場合は、こういうサービスがあるみたいなので、使ってもいいかもしれません。


そもそもちゃんと船乗れるか今からドキドキです!
乗れなかったらぜひ盛大に笑ってほしい気持ちです!
船乗ったらもちろんネットは繋ぐつもりです。
もし投稿がなくても、こちらの旅程で船の動向をご確認ください。