チョリパンって初めて聞いたときは、本当に日本語の調理パンのことかと思いました。
実際調理していました。

ブエノスアイレスの一番の観光地と思われる場所が、ボカ地区カミニートというインスタ映えスポット。
そこはステーキ屋で有名で、もちろんレストランもありますが、このチョリパンというのも路上で売られています。
調理してるおばちゃんはペルー人、売り子はブラジル人で、なんだかアルゼンチン要素が見られません。
IMG_0703

ぶっといチョリソーを半分に切って焼いてくれます。
IMG_0704

パンに乗っけていろんなソースをかけます。
IMG_0680

奥の野菜ゴロゴロのやつがペブレソース、手前がチミチュリソース、緑のはペルーのチリソースだそうです笑笑
IMG_0679

お値段はさすがの観光地なので150ペソ約300円!
エンパナーダだと1個100円を切るこの国で、なかなかします。
しかし歩き疲れた小腹にグッとくる旨味。
こってりチョリソーに生玉ねぎとトマトとパクチーが爽やかさを添えます。
塩気の少ないパサパサのパンがソースの油をぐんぐん吸い込みます。
この場合パサパサは褒め言葉、パサパサじゃないと汁吸ってくれません
そしてめっちゃビール欲しくなります。
堪らずこの後カフェでタンゴ見ながら飲みました。
IMG_0682

ちなみにアルゼンチンには、ステーキを挟んだVaciopan、ステーキとチョリソー全部乗せしたBondiolaというサンドイッチも存在します。
こういう露店は両方売ってます。
年齢による胃もたれがする私は、どっちか片方でいいかな!と思いました!