アメリカ大陸最高峰の山はアコンカグア、イモトが前に登ってたやつです。
アコンカグアがあるアンデス山脈は世界最長の山脈、またそこを境とするアルゼンチンとチリの間は世界で2番目に長い国境(一番はアメリカとカナダ)となります。

メンドーサからチリの首都サンティアゴに向かう道を走ります。
サンティアゴまでは6時間くらいだけど、メンドーサからアコンカグアはまでは約3時間くらいの道のりです。
道すがら見える景色が既にとても美しく、世界中あまり見ないような岩の感じになっています。
ここら辺ではブラピ主演の映画Seven years in Tibetが撮影されたそうです。
IMG_0532

途中あるのはインカの橋と呼ばれる天然の橋。
温泉が湧いていますがここは環境保護エリアのため入れません。
この橋には伝説があります。
IMG_0540

インカの皇帝の娘が病気にかかり、占い師によると温泉に浸かるのがいいと言われた。
そこで温泉に出かけたが、この川に橋がなく渡れなくて困っていた。
そこでインカの兵士たちがつながって人間の橋を作った。
皇女が渡り終え、振り返った時、神によって兵士たちは石に変えられた。

この橋から5分くらいのところにアコンカグア国立公園があります。
多くのツアーはアコンカグアをこれよりもさらに遠くから眺めて終わるのですが、このツアーでは国立公園まで入ることができます!
アコンカグアに登りたい人は、ここからさらに奥に行けばいいそうです。
もしくはここのヘリポートから一回1600ドルくらいで30分くらい頂上周辺を周遊飛行してくれるみたいです。
IMG_0556

この辺りはかつて海でした。
その証拠に、貝殻やアンモナイトの化石が出ています。
これを発見したのがチャールズ・ダーウィン、ここからかの有名な「種の起源」を書き始めたそうです。
IMG_0559

ダーウィンはここにいるときに何か虫に腕を刺されました。
筋肉がパンパンに腫れていく様をダーウィンは「やっべぇ!すっげえ!」と眺めて研究していました。
しかしそれは寄生虫の一種で、約30年後には心臓発作で他界するというもので、ダーウィンはそれが原因で死んだとされています。

お昼ごはんは伝統的なアルゼンチンバーベキュー!
ヤギの肉は全く臭みがなく、血のソーセージもすっごく美味しいし、牛肉の脂身は日本のよりはるかに食べやすく、最高でした。
先日から何度か肉を食べていますが、この国の牛肉は今のところ世界で一番うまいです。
IMG_0563

今日のツアーも昨日と同じところ主催でした。
すごく良かったのでオススメしておきます!