メンドーサのワイナリーツアー、ランチがとても素晴らしかったので、切り出して書きます。

こちらのワイナリー、Finca Agostinoはとても大きく、ぶどう畑やレストランだけでなく博物館まで併設されたとてもゴージャスなところでした。
入り口に植わっていたのはシュナンブラン、垣根ではなく棚で作るそうです。
IMG_0505

これがレストラン。
眺めも良くて、一人だと絶対入らない感じのところです。
IMG_0508

バックパッカーの飯とは思えない、完璧にセッティングされたテーブルにテンションが上がります。
こんなの何ヶ月ぶりだろう。
IMG_0509

最初の前菜の前に、チーズをベーコンで巻いて揚げたものが出てきました。
ソースはコーンクリーム、久々に美味しいスイートコーンのソースを食べました。
ワインはロゼでした。
IMG_0510

前菜とスープが一緒になったような、トマトとチキンの和え物。
下のコンソメスープがお料理と良く合って、それはそれは美味しかったです。
FullSizeRender

サラダ枠?の焼きなすにハーブを乗せたもの、ヨーグルトソース添え。
ハーブはミントやバジルを使い、ヨーグルトソースが中東っぽさを加えています。
ここでシャルドネが出ます。
FullSizeRender

まだメインにはたどり着きません。
お肉とチーズをスライスした芋?で巻いて揚げたもの。
ソースはセロリだそうです。
とてもクリーミーで美味でした。
そこでお口をさっぱりさせるのが、レモンとローストピーナツをかけたサラダ。
どちらも絶品でした。
ここでマルベックレゼルバが登場します。
FullSizeRender

メインディッシュは色々選べました。
ニョッキも美味しそうだったし、お肉も素敵だったけど、昨日ステーキだったし今日はパエリアにしました。
マルベックグランレゼルバともちゃんと合います!
FullSizeRender

イチゴのシャーベットで口直しし、ビーツソースとてん菜糖のかかった桃でした。
ここでスパークリング、南米のスパークリングワインはエスプマンテと言われます。
FullSizeRender

なんだか適当な格好で参加してしまったけど、とてもいけてる店に来てしまいました!
私住所不定無職なのにこんなことしちゃっていいんでしょうか!
ものすごく、ここ数ヶ月でおそらく一番充実した食事でした。