アルゼンチンは観光のお値段がなかなか高いです。
今日のワイナリーツアーも165ドルの15ドル値引きで150ドル。
バックパッカーには痛いお値段だけど、酒にかける金に糸目はつけられないのがわたし。
しかし、この旅で一番かもしれないすごく素敵なワイナリーツアーができたと感じました。
お客さんもなかなか年季の入ったワインラバー、ガイドもソムリエ資格持ち、ワイナリーもかなり専門的な事まで教えてくれ、全てがうまく揃ったな、という感じでした。

最初のワイナリーはBudeguer。
メンドーサぶどう育成の基本を教わります。
ここは夏と冬の寒暖の差がとても激しく、霜もよくおりるし、かなりの確率で卵サイズのヒョウがふるそうです。
ぶどうにかけられた黒いネットは、主にヒョウ除けだそうです。
IMG_0489

寒くて霜の危険がある日には、スプリンクラーを使い、水を撒き散らし、ネットを凍らせる事で、冷たい風がぶどうにふきつけるのを防止するそうです。
ぶどうの下のホースはこれ用と、水遣り用だそうです。
IMG_0488

こちらはマルベックはもちろんのこと、プチベルドー単一で作られたワインも最高でした。
プチベルドーのアイスワインもとても素敵でした。
IMG_0491

2軒目はTerrazas。
ドンペリで有名なモエシャンが所有するワイナリーだそうで、今まで世界中で見てきたワイナリーのどこよりもおおきかったです。
写真のセラーは、この10倍くらいあります。
IMG_0494

樽ゾーンもとてもおおきく、これの3倍以上あるイメージでした。
空調も毎日効かせてるようで、すごい財力だなと地味に感心しました。
IMG_0498

ここの面白いのは、樽熟成させたやつ2018年とさせてないやつの試飲と、同じものの2009年という垂直斜めくらいのテイスティングをさせてもらえたことです。
樽の効果を実感することができました。
ここが作るトロンテスはとても秀逸でした。
IMG_0502

3軒目はAntigal。
ワン、というブランドがとても秀逸でした。
テイスティングではソムリエ試験のときワインスクールでやったようなことをやってくれ、他の人のコメントも大変勉強になりました。
アルゼンチンはマルベックがブームになっていますが、次期ムーブメントとしてカベルネフランを持ってこようとしているようでした。
その通り、今までで一番うまいと思うカベルネフランを飲みました!
IMG_0523

いつもはあまりこんなことしないんだけど、このツアーがあまりにも良かったので、ツアー会社を乗せておきます。
たくさん予約すれば、その分ディスカウントあります。
ランチもちょっとありえないくらい素晴らしかったので、別記事で書きます。