マラの街から乗合バスで1時間ほど行ったところにある、アスピティアの街。
ここにはワイナリーが多くあり、外国人や週末のリマからの観光客向けに主に営業しています。
この写真では人っ子一人いないけど、観光客向けにレストランが立ち並んでいます。
IMG_0016

下には川が流れており、ぶどうのみならずたくさんの農産物の畑が広がっています。
ぶどうは道中にも植えられていましたが、ぶどう棚や垣根はかなりの割合で崩れてたりして、ほぼ放置で育てられていました。
フランスのベルジュラックで見た光景と結構違うなと思いました。
IMG_0015

今回はワイナリー内部の見学はなく、試飲のみでした。
また甘口ワインのみでした。
こちらは赤ワイン、ケブランタという品種。
良くピスコに使われているもので、ワインになっているのは初めて飲みました。
味も香りも濃厚なぶどうで、アルコール臭がキツいので、たしかにピスコが向いてると思いました。
IMG_0021

ブルゴーニャブラン、おそらくピノブランのことです。
市場でもワイン品種の用ぶどうが売られており、ブルゴーニャブランはとっても甘くて美味しかったです!
このワインも嫌味な甘さはなく、スッキリ美味しいワインでした。
IMG_0020

こちらはボルゴーニャとアリカンテを混ぜたもの。
ケブランタのような濃厚さはなく、スッキリめで飲みやすい赤ワインです。
IMG_0019

こちらはボルゴーニャ単体の赤ワイン。
酸味が残っているのもまた一興だと思いました。
IMG_0018

こちらのワイナリーはホームステイ先のご家族の知人のものです。
ロニーさんありがとうございました!
IMG_0022