ネットで情報集めてると、クスコ市内から歩いていける遺跡ということでサクサイワマンが出てきました。
なので歩いて行ったんですが、そもそもたどり着くのに市内中心部のアルマス広場から1.3キロ、しかも登りでした。
歩けるけどめちゃくちゃしんどいです。

チケットは4箇所入れる券で70ソル。
1箇所17ソルと考えれば、、まあまあです。
FullSizeRender

チケットを売ってるところからサクサイワマンまでは登りで15分くらいかかりました。
サクサイワマンからQ'enco(ケンコ)遺跡までは30分くらい歩きました。
それ以外の4箇所は5キロくらい離れてるので、タクシーとか使った方がいいです。
私はサクサイワマンとケンコの2箇所のみ行き、ケンコからは道がないところを市街地まで自力で下山しました。
FullSizeRender

まずはサクサイワマン。
インカ帝国歴代で一番権力があると思われる皇帝パチャクテクが建造した建物です。
外壁の巨石は花崗岩で、この辺りでは花崗岩が取れないにもかかわらずこれだけ大きいものをわざわざアンデスのてっぺんまで運ばせたようです。
IMG_9266

この写真ちょい左側の花崗岩がどうやら一番大きいものらしいです。
どうやって運ばせたか、また加工したのか解明されておらず、オーパーツ扱いになっています。
この辺巨石がゴロゴロしてて、この右側のも十分オーパーツだと思います
IMG_9267

ここの人が詰まっているところはトンネルです。
ケチュア語でチンカナと呼ばれます。
入ってみたらめちゃくちゃ暗かったです!
何も見えなくてスマホの懐中電灯つけたけど、その光すらイマイチ届かないくらいでした!
IMG_9286

かつてインカ帝国は国中にこのトンネルを張り巡らせたと言われています。
その昔インカの若者がここに入って出口を探しましたが見つかりませんでした。
どんどん歩いて行くとインカの皇帝が黄金の山と一緒に座っていました。
皇帝に「出て行け、出て行け」と言われた彼は、そこら辺にあった黄金を一つ掴んで逃げ出しました。
彼が見つけた出口は、入ったサクサイワマンではなく太陽の神殿コリカンチャでした。
彼の服はぼろぼろになり、彼自身も歳をとっており、数日後に死亡しました。
しかし彼が握っていた黄金は黄金でできたトウモロコシで、これだけはとても綺麗でした。
彼を見た民衆は当然驚き、またこの話にとても惹かれました。

サクサイワマン遺跡は広いです。
ここはインカの皇帝の玉座があったところ。
当時は建物があったにしても、ここから似た光景を見ていたのでしょう。
IMG_9280

サクサイワマンから歩いて30分ほどで次の遺跡ケンコに着きます。
ここはワカと呼ばれ、インカの寺院だと考えられています。
IMG_9288

この場所では生贄の儀式や、遺体のミイラ化が行われていたようです。
また、言い伝えによると最後の皇帝インカ・ユパンキのお墓であるとのことです。
IMG_9292

ケンコの隣にはケンコ・チコと呼ばれるこれまた寺院的なものがあります。
IMG_9293

ここは入場無料で、地元の人たちがご飯やおかしを食べたりしていました。
IMG_9295

ここで疲れ果ててギブアップしました。
ここからは自力で獣道を市街地まで下山しました。
獣道を抜けた後がめちゃくちゃ綺麗だったので貼っておきます。
身の安全は保証できないので真似は推奨しません!
遺跡自体めちゃくちゃ歩くので、できればタクシーに交渉して一緒に回ってもらうか、ポップオンバスみたいなやつで回るかするのがいいと思いました。
IMG_9297