ペルー一番の観光スポットといえばマチュピチュ、年間5000万人(数字の聞き取り曖昧)くらいの観光客が訪れるそうです。
クスコで最近プロモーションされるようになったのが、レインボーマウンテン、スペイン語ではMontaña de colores と言われます。
こちらは年間4000万(こちらも曖昧)くらいの観光客が訪れるようになった新しい観光地です。
今まで雪に埋もれていた山が、温暖化の影響で下の綺麗な色が露わになったそうです。

このレインボーマウンテンにはツアーでいけます。
だいたい55ソルから90ソルくらいの値段の幅があり、実際何が違うのかはわかりません。
私は泊まっているホテルで70ソル(約2200円)で朝飯昼飯つきのツアーを予約しました。
トリップアドバイザーやエアビーのツアーだと3000円くらいからなので、現地で予約した方がお得です。

朝5時くらいにホテルでピックアップしてもらい、山に向かいます。
向かう途中の景色がすでにめちゃくちゃ綺麗です。
段々畑っぽいところにたくさんアルパカがいました。
IMG_9234

徐々に雪深くなっていきます。
IMG_9235

完全に雪山、ここで標高は4600メートルだとか。
ここから片道4キロほど歩いて登ります。
IMG_9236

しんどい人には馬オプションもあります。
片道60ソル、往復80ソルだとか。
私は途中でギブアップし、30ソルで登ってもらいました。
でも頂上までじゃなくて、途中までです。
頂上までは自力で行かないといけません。
IMG_9254

いつになったらレインボーが観れるのかしら、と思って必死で登ってたら、ここがもうレインボーのはずの場所でした!
それなりに絶景だし、こんな高地で雪山トレッキングなんて貴重だけど、私が求めていたのはこれじゃない!
IMG_9243

本当はこうなるはずでした。
雨季はこうなることもあるらしいです。
ホステルで会った人たちもこんなことは言ってなかったので、おそらく毎日じゃないんでしゃう。。

ヤケクソでリャマ連れたおじさんにお金渡して写真撮ってもらいました。
IMG_9251

雪解け水の中にあったレインボーの破片だけでも撮っておきます、
レインボーマウンテンは鉄分を多く含んだ赤、銅を多く含んだ青、硫黄を含んだ黄色の三色で成り立ちます。
一部混ざったりしていろんな色になってるそうです。
IMG_9252

装備について
今回の登山、スニーカーで登ってる人もいましたが、急な斜面もあるのでトレッキングシューズは是非あった方がいいです。
日本以外の国は道がボコボコなので、トレッキングシューズは普通に歩きやすいです。
今まではマラソンに参加したりしてたのでランニングシューズでしたが、こうやって長く旅する人には格段にコケにくいトレッキングシューズをお勧めします。
私はメキシコシティのmerrellというブランドで買った、2万円くらいのゴアテックス完全防水のやつをはいています。

防寒着はユニクロのウルトラライトダウンと、パタゴニアのテックフェイス(これは100ユーロもしたけどどんな天候にも対応してくれて超優秀)。

登山用の木の杖は貸してくれますが、自前のトレッキングポールを持ってるなら持ってきてもいいかもしれません。
貸してくれたやつは私には長すぎました。
ちなみにマチュピチュは杖禁止のようでした。

雨季なのでレインコートも必須です。
みんな売店でビニールポンチョを買っていましたが、私はいつも持ち歩いているコロンビアの上下セットのレインコートを使いました。