古代アンデス料理教室のメインはこちら、肉料理のパチャマンカ!
時間がかかるため、全行程は見ていません。
レシピは推測を含みます。

パチャマンカ
材料
肉(鳥、ビーフ、豚)
じゃがいも
さつまいも
バナナ
とうもろこし
ワカタイ(シオザキソウ)
FullSizeRender

作り方など
ワカタイとはこちら。
柔らかいような、お茶っ葉というかフェヌグリークというかに似たとてもいい香りで、お肉の臭みをとてもいい感じにしてくれます。
コリアンダーを多く使うペルーですが、それは主に沿岸部で、山の方ではこのワカタイをダントツで使うそうです。
ワカタイはネットで検索したら出てくるので、日本でも手に入るようです。
是非一度使って欲しい気持ち!
これを刻み、塩コショウと一緒にお肉にまぶしておそらく3時間くらいは置くんだと思います。
FullSizeRender

次にお肉を焼くプロセス。
今回は雨季のためピザオーブンで焼いてましたが、実際は外にあるオーブンで焼きます。
石を熱したところにモノを置いて、この木の蓋を被せて蒸し焼きみたいにするそうです。
IMG_9204

これが出来上がりのお肉!
めっちゃくちゃいい匂いがします!
お味もハーブがものすごくいい仕事をしていて、絶品です!
FullSizeRender

こちらは芋とコーンなど。
同じくワカタイが絡まっており、旨味がしっかり染み込んでいます。
コーンはシャッキシャキだし、蒸したバナナは絶品だし、芋はもちろん何にもいう必要がないと思うけどめちゃくちゃ美味しかったです!
FullSizeRender