昨日より友人のカメラマン、立花奈央子さんがメキシコ入りしています!
日本を旅立ってから7カ月、会うのを楽しみにしておりました。
彼女は今回は東京女子プロレスの中島翔子選手のメキシコデビューに際し、写真撮影のためにメキシコを訪れています。
今回は幸運にも撮影アシスタント(レフ板とか持つ人)として撮影に参加させていただきました!

私はまだプロレスは実はあまりよく知りません。
色んな機会で、DDTの男色ディーノ選手や、ヨシヒコ選手(?)をお見かけして、大変楽しませていただきました。
初めてお会いした中島選手は、私のプロレスラーの想像を覆すかわいさ。
私の中での女子プロレスのイメージは、悪役のダンプ松本とかそのあたりで止まっていましたが、中島選手を見て180度意見が変わりました。
めっちゃかわいい。

以下撮影の様子です。

まずはティオティワカン。
中島選手の大怪獣な可愛らしさが石造りの遺跡に超マッチしています。
かわいい。
FullSizeRender
続いてメキシコシティ中心部、ソカロ広場。
死者の日の飾りが幸運にもまだ残っており、素敵な絵が何枚も取れました。
FullSizeRender

こちらはベジャスアルテス宮殿前。
完成版の写真はあえて載せません。
さすが奈央子さん、どの写真もとても捨てがたいほど綺麗。
2020年1月上旬発売予定の写真集とDVDをお待ちください!
FullSizeRender
明日は中島選手のアレナメヒコでのメキシコデビュー戦を観戦してまいります!