何度でも言いますが、イギリスの電車は全く信用なりません。
空港行きの電車がゆるっとキャンセルされてしまうんだもの。
おかげで遠回りしてフライト1時間前っていうギリギリに空港に着きました。
それでも乗れたのは本当に良かった。

さて、機内ではメキシコの入国用紙が配られます。
滞在日数は適当に30日って書きました。
これとは別に、メキシコ・カンクンの空港を出るときに税関申告書みたいなのを書きますが、スペイン語版しかないため、Google翻訳はダウンロードして準備しておきましょう。
IMG_7569

ロンドンからカンクンへの直行便、大西洋は思っていたよりも大きく、9時間のフライトです。
ご飯は2回出てきました。
このパスタ的なやつとチーズとクラッカー、チョコムース
FullSizeRender

お次はスコーンとミニサンドイッチのアフタヌーンティー!
これがポイント高かった。
ちゃんとクロテッドクリームとジャムまで付いてるんです。
FullSizeRender

カンクンの空港には、なんとペソを引き出せるATMがありませんでした。
米ドルしか出てきません。
それを両替コーナーで変えるシステムでした。
さすがにペソの手持ちなしは不安だったので、60ポンドほど両替しました。

空港から市内へのバスは、調べておいた通りADOバスっていうのが一番リーズナブルなようでした。
なぜか30分に1本あるはずが1時間待ちでした。
ビールでも飲んで待ちます。
IMG_7574

バスがカンクン市内のどこに行くかよくわからないまま勘で中心部っぽそうな安ホステルを予約し、徒歩10分くらいだったのでOKかと思います。
バスターミナルはここでした。
今後の誰かの参考になるよう、画像貼っておきます。
IMG_7577

メキシコは治安悪いと言いますが、今日ちょっと来て5時ごろ市内を歩いた感じでは特にそんな風ではありませんでした。
カラフルな街にあったかい空気、時々出没する屋台が、まるで一昔前のタイみたいに思えました。
しかしこのバスターミナルからホテルまでの短時間のウォーキングで、どういう理由かフロントガラスが崩壊してビニール貼ってあるバスや、パトカーではなく警察か軍の人が軽トラの荷台みたいなところに立ち、銃の引き金に指をかけてパトロールしているのを見かけました。
あまり夜遅く出歩くところではないのかもしれません。