スコットランドです。
イギリスはまあまあ広くて、地域によって気候が違うから当然のように食も違います。

せっかく来たんだから食っとけとみんなに言われたものナンバーワンが、ハギス。
日本人に聞くと、大体のひとがモツ系料理に拒否反応を示しているんです。
気持ちはわかります。
色々食べてきた私でも、イランのやつはちょっと辛かった。
そしてここはメシマズと言われる国イギリス、、
モツとか地雷とちゃうんかと思いながら恐る恐る注文しました(お店はちゃんとグーグルで美味しいと言われるところを検索)。

これはまだ11時ごろなのでパブも朝飯しかなくて、スコティッシュブレックファーストというプレートを頼んだ図。
真ん中の茶色いもちゃっとしたのがハギスです。
羊のモツを刻んでいろんなものと煮込んだものです。
食べてみたらこれがとても美味しいです!
噂の臭みもなく、ピリッとコショウが効いて、パンにつけて食べるとビールがすごい進みそうな味です!
正直これまでのイギリス飯で1番美味しいかもしれません。
夜ご飯メニューのハギスタワーというのもちょっと気になりました。
IMG_7417

こちらはおやつです。
タブレットという名前なんですが、ヨーグレットとかハイレモンみたいなやつではありません。
バターと砂糖とクリームを煮詰めて型に入れたらできるらしい、ホロっと口の中でとろけるキャラメルみたいなものです。
ファッジという似たようなお菓子がありますが、それはクリームの代わりに練乳を使うそうです。
食感としては日本人はタブレットのホロっといくやつの方が好きなんじゃないでしょうか。
しかしこれはカロリー爆弾、砂糖もみっちり入っててこってりしているため、一度にたくさんは食べられません。
罪深いけどめっちゃくちゃ美味しいのは認める。
FullSizeRender

スコットランドでは相対的にまずいものに当たらなかった気がします。
イギリス飯、ちゃんと調べて食べれば美味しいです。