フランスに初めて来た20歳ぐらいの頃、まだ海外旅行にあまり慣れておらず、人種が違う人々がいるだけで恐ろしい気持ちになっていたのを覚えています。
そこから約10年、社会人になってお金もまあまあもらえるようになった上で色々なところに旅行し、いろんな免疫がつきました。

その上で訪れた久しぶりのフランスは全く違って見えました。 
モンブランの麓シャモニーでは、世界最大のトレランの大会の一つを目の当たりにしました。
世界最高峰の一つ、モンブランは大変美しく、それを臨む街もまた可愛らしく、10年前のパリ北駅の治安の悪いところと同じ国とは思えませんでした。
IMG_5698

10年ぶりに訪れ、心の余裕がある中でやっとちゃんと回る機会を得たパリは、思ったよりも素敵なところでした。
ボルドーでは友人たちと久しぶりに再会し、無理せずマラソンして、しこたま美味しいものを食べました。 
その後お手伝いに伺ったワイナリーChateau Pre Vertでは1カ月近くもお世話になり、ソムリエ教本には載っていない醸造についてのことやぶどうの木についてのことを色々勉強することができました。
IMG_6871

こちらのご家族の1歳児ともとっても仲良くなり、ハグしてくれたりして、すごく離れがたい気持ちです。

フランスでは、今まで気にも留めなかった農薬や食品添加物の影響をモロに体で感じました。
スーパーで安くで売っているワインは、味は美味しいけど飲んでる最中から頭痛がしましたが、お世話になっているワイナリーでいただいたナチュラルワインは、しこたま飲んでも翌日なんともありませんでした。
これまで安くうまいものを作ることばかり考えていたけど、自分の体に取り込むものについては少し考え直して生きるのも良いかもしれない、とか、葡萄畑って意外とお安く買えるんだな、とか色々と考えるきっかけになりました。

フランスには、また来ます。
想像以上に思い入れのある国になりました。

次はイギリスです。
ここからはユーラシア大陸を離れて、当初はイマイチ予定してなかった中南米やアフリカも回って行こうと思います。
ブログのタイトルにユーラシア大陸って書いちゃったけどめんどくさいのでそのままにしようかな。

人生2回目と3回目の海外旅行はイギリスでした。
高校時代の友人がイギリスの大学に通っており、その関係でロンドンなどに遊びに行ったのを覚えています。
初回はキングスクロス駅についてすぐハリーポッターのコスプレをして9と4分の3番線で写真を撮りました。
その次の時に、ちょうどどこかの噴火による火山灰の影響でヒースロー空港が閉鎖されており、パリからユーロスターに乗って行ったのは、とってもいい思い出です。
そして今回がイギリスは3度目の訪問、ベルジュラック空港からロンドンに飛びます。
航空券は14ユーロと荷物代で、超お得です。
今回の渡航目的は先日ギリシャで仲良くなったおねえさまとまたバカなことをすることです。
30日まで滞在し、そこからメキシコのカンクンに飛びます。