先日圧搾した果汁は、タンクで発酵を続けておりましたが、遂に樽詰めの時がきました。
樽詰めって樽に詰めるだけなんですが、色々準備があったりするので、その様子を記していきます。

まずこの機械、日本に普通に生きてたらまず見かけないし、何をするかもわからない機械ですが、、
樽を洗う機械です。
IMG_6589
機械につながった黄色いホースは水道につながっています。
この機械の上に樽を乗っけて、中央の突起部分を樽の穴にセットして水道を開けると、水が出てきて樽の中を洗うことができます。
洗った樽はしばらく乾燥させて樽詰めを待ちます。

さて、樽詰めをすることになりました。
IMG_6680
タンクに入ったワインを、今回は場所やいろんな都合上容器に一旦移してから、電動ポンプで樽に送り込みます。
電動ポンプは圧搾やらいろんな工程で活躍するけど、果汁を酸化させないよう、あまりたくさん空気を送り込まないように気をつけないといけません。

容器に開けられたワインさん。
まだ若いので紫なんですが、この量は流石に圧巻。
IMG_6679

こうやってワインさんは樽に詰められていきます。
樽の中でもまだ少し発酵が続くので、二酸化炭素が発生することとボコボコこぼれてこないよう、軽く空気を入れるために樽の栓は軽く乗せるだけです。
IMG_6687

ここから毎日発酵の様子を見ます。
発酵の進み具合は、ワインの残糖度と温度で見ます。
糖度計と温度計で毎日進み具合を記録します。
IMG_6672

進み具合によっては、樽の底のオリをかき混ぜて発酵を進めます。
(樽の中でも発酵を進める白やロゼワインの場合のみ。
赤ワインはこの時点でほぼ発酵が終わりかけてる。)
この作業をバトナージュといいます。
バトンというのがこの写真の棒です。
IMG_6686

これで樽の底からガシガシかき回して、ワインの発酵を促進させます。
これは私がワインさんをガシガシバトナージュしている図。
IMG_6684

収穫が終わってホッと一息ついてはいますが、気を抜くことはなく、ワインさんたちを愛でながら地道に発酵させる作業が続きます。