今日はロゼワイン用ぶどうの収穫をしました。
酒飲みの私にとっては大好きなお酒の生産を手伝えるなんて夢のようなことです!

朝は6時半にはもう収穫機がやってきます。
IMG_6349

これが収穫機。
ぶどう棚ごと挟んでゆさゆさ揺らすと、実だけ落としてくれるマシーン。
こんなのよく考えたな、とつくづく。
IMG_6372

収穫後のぶどうは茎だけきれいに残っています。
マシーンすごい。
IMG_6351

収穫したぶどうは圧搾機に入れて果汁を絞ります。
この丸いやつの中で両サイドからぎゅーっと板を当てて絞ります。
シャンパーニュの作り方の記述で上から抑えるってのがあったけど、確かにいろんな方法があるけど今はこれが主流らしいです。
この後絞りかすをスコップで移動させるのがめちゃくちゃ大変。
IMG_6355

絞った果汁はタンクに移動します。
IMG_6377

こちらは絞った果汁たち!
しぼりたての、しかもワインにするために糖度もしっかりあるぶどうなので、めっちゃくちゃ美味しいです!
IMG_6378

この時期になるとセラーを洗う人、ぶどう関連機器の修理や部品、ぶどう収穫機の運転、ぶどうの手摘みなど、いろんなお仕事が発生するそうです。
AIで仕事が消える、と言いますが、国が変わるだけでこれだけ仕事が変わるので、消える仕事は消えて、仕事は作ればきっと無限大なんだとつくづく思いました。