飲んだワイン、全部は覚えてないけど、忘れないうちに書き留めます。
私は20キロちょっとのあたりで脱落しました。
なぜならそこ(アクサダイレクトの店舗が私設エイドになってた)に食べ物があったから、、食べたら思いのほか胃に染み込んで、もういいか、、と思ってしまいました。

基本的にやはりこういう場で出るワインなので、格付けシャトーと言ってもそこまで美味しいものではありませんでした。
大体2017年くらいのカベルネ主体のワインなので、全く熟しておらず渋みも強く硬いです。

1個目、オーバタイエ、ポイヤック5級。
5級とはいえ格がついてるだけでもすごいことなのですが、出されたワインは硬い。
スーパーでボトル3ユーロくらいのの味がする。
IMG_6119

2つめ、ラグランジュ、サンジュリアン3級。
3級シャトーなんて飲んだことないから一体どんなにやばいんだと思っていたけど、やはりここはマラソン会場。
最初のよりは美味しいけど、これもスーパーで5ユーロ以下の味。
しかし香りはスッと鼻に入ってくる感じで、さすがという感じ。
IMG_6127

3つめグリュオラローズ、こちらもサンジュリアン2級。
味は同上、しかし香りは少し柔らかい。
IMG_6137

3つめ、レオヴィルポワフェレ、サンジュリアン2級。
ここでどうやらなかなか美味しいのを出してくれてたらしい5級ベイシュベルを飛ばしたらしい。
レオヴィルポワフェレは香りも控えめだったような気がします。
私が疲れてるだけかも。
IMG_6145

ピジョンロングヴィルバロン、ポイヤック2級。
ちゃんとしたグラスで出してくれるため、華やかでまろやかな香りがとてもわかりやすい!
IMG_6157

オーバージュリベラル、ポイヤック5級。
これが私が飲んだ最後のワイン、どんどん香りが柔らかくまろやかになってるように感じます。
IMG_6160

格付けシャトーはきっとこれからも日本やそれ以外で飲む機会はあるから、ボルドーにいるうちに格付けされてないシャトーのワインをたくさん飲みたいなと思いました。
道中たしかに格付け畑はいっぱいあったけど、丁寧な仕事をしてそうな、家族経営のこじんまりとしたワイナリーもたくさんありました。レストランで飲んだのも大体がそういった格付けされてないワイナリーのものでしたが、メドックマラソンで飲んだ格付けワインより遥かに美味しかったです。
私はそういうワイナリーを応援したいと思いました。