東・東南アジアから出ると、どのレストランもそこそこうまい、というわけではありません。
知った人にちゃんと聞かないと、結構な確率で残念感があるお店に遭遇します。
個人的には現地の人の意見もいいけど、そこに行ったことのある日本人の意見の方を参考にしています。
やはり自分と同じ味覚で育った人の意見はかなり参考になると思っています。

ボルドーでオススメしてもらったお店のひとつがこちら。
ミニコースは36ユーロからとお手頃価格です。
FullSizeRender

日本人の方が働いており、メニューは日本語で読めます!
この国わりとメニューがわからなくて困ります。
IMG_6081

食前酒はソーテルヌの貴腐ワイン!
IMG_6079

アミューズはウズラの卵とキノコ、チーズ入りカヌレも付いています。
ちゃんとコリッとした美味しい枝豆が食べれて満足です!
FullSizeRender

白はペサックレオニャン。
IMG_6083

前菜のカニの身とガスパチョ。
お味が繊細で大変美味しい。
IMG_6084

赤ワインも大変薫り高く味わい深く、このレベルのワインが5ユーロで飲めてしまうフランスすごい。
IMG_6085

メインのチキンとアミカサダケのソテー。
アミカサダケのステキなソースはパンに吸わせてがっつりいただきました。
FullSizeRender

デザートのチョコムースとアイス。
やはりヨーロッパは甘いもののクオリティが大変高いので、チーズもいいけど私はスイーツに軍配があがるかもしれない。
FullSizeRender

フランス人がやっているフランス料理は、わりと豪快なイメージがあります。
これほど繊細なものにはあまり遭遇しません。
コストとパフォーマンス考えても大変良かったと思います!