ミラノから電車で約3時間、ヴェネチアに行ってきました。
電車で片道20ユーロの安いチケットだと、乗り換えが発生して、乗り換え先で席が取れなかったりします。
直行便だと大体50ユーロ、ちょっとお高いです。

到着し、駅を出たらすぐそこは運河!
IMG_5541

たくさんの小径と橋があり、橋は階段式のアーチになっています。
どこを撮っても絵になるのが本当にすごい。
街全体がテーマパークのようです。
IMG_5544

ここに一泊することも考えていましたが、荷物持ってここに来なくて良かった、、と心底思いました。
街の構造上、おそらくタクシーはほぼいません。

ベネチアに来た最大の目的は、牛肉のカルパッチョを食べること!
カルパッチョと言えば日本では生魚が主流ですが、それは落合務シェフが創作したイタリアンです。
実際は生の牛肉とパルミジャーノチーズとルッコラを重ね合わせたものです。

お肉の臭みは一切なく、血ぽさもなく、すごく素敵に下処理されてるみたいです!
ワインはバルドリーノ。
2018年と若いので十分空気に触れさせて飲みました。
FullSizeRender

ここは冒険家マルコポーロの故郷。
生家がありますが、中を見学できるわけじゃないみたい。
マルコポーロのお墓があるとされる教会もあるようですが、教会はすでに閉業していたのと、マルコポーロのお墓が本当にどこにあるのかは分かっていないそうです。(曰: 聖マルコ教会のお兄さん)
IMG_5563

こちらは歌にもなっている聖女ルチア(サンタルチア)が祀られている教会。
中は写真禁止です。
祀られている、というか、本体がミイラ化されていらっしゃいます。
彼女は母親の病気を治すために祈ったところ、神様を見て改宗、その後慈善事業に勤しみます。
婚約者にもらった支度金も全部使って貧しい人に施しをするも、キリストのお嫁さんになるために純潔を守る彼女に婚約者はブチ切れます。
そらそうや。
ブチ切れた婚約者によってキリスト教徒であると告発され、拷問を受けて殉教します。
一説には両目を抉られて喉を切られたとか。
そのため目と喉の神さまとして祀られているようです。
いつも傷つけられたものの神さまになっちゃうキリスト教、ちょっと面白い考え方だなと思います。
IMG_5571

さて、観光はここまで。
帰りはバスで帰ります。
23ユーロでミラノまで直行してくれるので、実質電車のプラス3ユーロ乗り換えもなくて大変快適でした。
心配していた治安もそこまで悪くありません。
しかしこれがバスターミナルだなんて。。
見つけるのはめっちゃ難しいし、屋根もなくて気づかなかった。。
IMG_5573