今泊まってるホステルに虚言癖の方がいらっしゃり、話しかけられると長いんです。
タイ人らしいんですが、やれマレーシアのスルタンと婚約してるだの、やれカジノ王と友達だの、タイの王妃様と友達だの、、
いやここ、一泊20ユーロしないようなホステルやで?
あんたそれ全部ほんまやったらなんでここおるん?

というわけで朝もさっさとお出かけしてきました。
もうどこ行くかはホステル出て歩きだしてから決めました。
気になってたレオナルドダヴィンチ博物館。
これが盲点、レオナルドダヴィンチ博物館じゃなくて、レオナルドダヴィンチ記念博物館です。
つまりダヴィンチ的なものはあるけど全部がそうではありません。

まずはダヴィンチ的なものから。
ダヴィンチの設計図から起こした建物の模型やら、飛行機の模型などがあります。
この写真はラボの中のようで、予約すれば体験学習もできるようです。
IMG_5380

こちらは多分特別展、おそらくダヴィンチではないですが、イタリア有数のフレスコ画を見ることができました。
IMG_5383

以降は主にイタリアで使われてきた科学、化学と技術の結晶が展示されています。
現代の生活にも影響を与えた発明が多くあります。

こちらは自動機織り機。
なんとひと昔前のコンピュータのようなパンチカードで動くようです!
ルネサンス模様の織物大量生産用に、割と近年まで動いていたらしいです。
とても興味深い。
IMG_5378

見にくいけどこれはサウナらしいです。
箱の中に電球がめっちゃあって、それであっためるみたい。
動いたら火傷しそうだけどちょっとやってみたい。
IMG_5377

蒸気機関車。20世紀初め頃のもので、なんと中まで見学できます。
鉄道マニアじゃなくてもちょっと興味深い。
IMG_5384

こちらは船らしいです。
フランスのルイヴィトンカップかなんかに出たようで、ものすごい対抗してる感が伝わってきて好きです。
IMG_5386

その他エンジン、動力、エネルギー、リサイクル、食品と遺伝子、軍事的な乗り物など、展示は多岐にわたります。
また、体験学習もダヴィンチコーナーのみならず色々あるようで、潜水艦の中に入るツアー、ヘリコプター運転シュミレーター、などなど子供のみならず楽しめそうなものがたくさんありました。
ただし日本語ガイドはないため、イタリア語もしくは英語がかなりのレベルまでわからないとあまり楽しめないと思います。

チケットは一般10ユーロですが、予約すれば7ユーロくらいのがあるようです。
私は10時のオープンと同時に入って出るまでに3時間半かかりました。
この博物館の展示は外まであるので、ご飯を食いだめしておくなど長丁場を覚悟しましょう。