IMG_4949

レストランやエノテカ(居酒屋)で出てくる、このパリパリ。
よく調べたらパンの一種とのことで、パーネカラザウと言われるもののようです。

パーネカラザウはイタリア最大の島、シチリア島で生まれたもので、わかっている限りでは紀元前1000年にはすでに作られていた記録があるそうです。

イースト発酵させた生地を薄ーくのばし、オーブンで焼きます。
ピザ窯みたいなやつで焼いて、最後仕上げに火に近づけるとぷくーっと膨らむようです。

これ単体でツマミに最適なんですが、写真みたいにトマトとオリーブオイルと塩をパラっとしても素敵です。
多分この場合はトマト本体がめちゃくちゃ美味しいのもありますが。。