トプカプ宮殿やアヤソフィアの近くにある、イスタンブール考古学博物館。
入場料は36リラ、10リラ代のところが多い中30リラ以上はなかなかお高い。
しかしこれで3つくらいの建物に分かれて展示されており、3時間以上楽しめるので、良いのではないかと思います。

入ってすぐ、カフェの横にある素晴らしい古代ギリシャ時代の遺跡。
これをみながらお茶を飲むのも大変オツです。
IMG_4337

その隣には陶器のみが置かれた建物があります。
見事なトルコ模様のタイルが飾られていました。
IMG_4342

こちらはトルコ近隣の国のものを展示する建物。
イエメンで発見された紀元後直後くらいの石板には象形文字がびっしりでワクワクします。
IMG_4350

こちらは古代の定規。
旧約聖書の理解に役立ちそうです。
IMG_4354

古代スラブ語!
解読してみたい!
IMG_4359

敷地を出て別館に向かいます。
ここではローマからオスマン時代にかけての遺物が展示されています。
まず目につくのが、金角湾を繋ぎとめた鎖!
この鎖はいろんなところに展示されており、軍事博物館だけではないようです。
IMG_4360

オーディオガイドやさんが閉まっていたためオーディオガイドが借りれなかったのが心残りですが、トルコ近隣諸国まで巻き込んだ厚みのある歴史を堪能できる素敵な博物館でした。