イズミル中心部から電車やバスを乗り継いで1時間半、古代ギリシアの遺跡、エフェソス古代遺跡にやってきました。
電車でTepekoy駅で乗り換えでSercuk駅まで行き、Sercuk駅近くのバスターミナルからミニバスに乗ります。
公共交通機関のみを利用する場合、エフェソスに行くにしろ、クシャダスに行くにしろ、シリンジェ村に行くにしろ、このSercuk駅を拠点にして移動するしか方法がないようです。(2019年7月8日)

エフェソス入ってすぐは円形劇場や港の跡などが目立つのですが、本当にすごいのはここから。
この素敵な図書館の入り口!
IMG_3613

細部まで綺麗に彫刻が残っています。
IMG_3616

さらに奥に進むとこちらも素敵な門構え。
IMG_3626

説明がなかったのですが神殿跡と思われます。
IMG_3625

かなり広い遺跡で、普通に歩いて見て回るのに1時間くらいかかります。
炎天下を歩くのはかなり根性がいります。
訪問は朝早くか夕方ぐらいがオススメです。
また、遺跡の中では水が6倍の値段になるので、入り口の前で買って入りましょう。

世界史の教科書にも残るエフェソス、ここでネストリウス派キリスト教が異端と認定され、それがアジアまで伝わったのかと思うと胸熱です!

ちなみにトルコの有名ビール、エフェスの工場はここにないそうです。
工場はイズミル中心部にあり、工場見学とか無料ビールとかはないとのことでした。
ざんねん。