トルコはお茶もコーヒーも両方飲む国として有名です。
飲み終わったトルココーヒーのカップを使って占いをすることができます。

トルコはイズミルというエーゲ海に面した街、Konakフェリーポートで降り、徒歩5分程度でバザールに到着します。

造りはイランのバザールと似てるけど、売られているものがやはりトルコ、現代的な水タバコや、各国の輸入品などが多くあります。
IMG_3518

バザールの一角にはカフェがあり、トルココーヒーやチャイを頂いて一休みすることができます。
お店によってはトルココーヒーでコーヒー占いしてくれる人がいる店もあるみたいです。
私は、イズミルの友人Nurちゃんに占ってもらいました。
FullSizeRender

トルココーヒーは、底にコーヒーの澱が残ります。
これは飲んじゃうと苦いので残します。

この段階で、占いたいことを考えながら、蓋をカップにかぶせ、ひっくり返します。
写真はNurちゃんの手にかかった様子。
私のラッキーをちょっと彼女に分けたことになるようです。

その後カップが冷めるまでしばらく待ちます。
カップが常温になったらひっくり返してリーディング開始します。
IMG_3522

補助的にタロットカードも使いながらリーディングしていきます。
持ち手から時計回りに現在から未来を見ます。
カップの奥は過去を表します。
以下は自分の旅と旅の後の経済事情を占った私の結果です

・おそらく9月にフランスで走る予定のマラソンは、思っているよりも結構走れそう
・名前か苗字がBで始まる人(多分女性)の印象が悪くなる。
・おそらくマラケシュだと思われるところででスピリチュアルななにかを感じる
 (大きな建物が二つ並んでるところ)
・三角形の、アラビア文字みたいなものが書かれたものに守られてる(その時ちょうど日本の強力なお守りを持っていたので二人で鳥肌)
・お金は旅している場所ではなく、例えば日本など、現地から離れた遠いところで稼ぐ
・カップのふちにキスしている2人が見えるため、旅の初めか終わりに感情的なつながりがあると思われる
・澱があまり残っておらずカップが綺麗なので、旅に危険や問題はない。どこかに思ったより長く滞在し、そこで誰かの結婚式に参列する
・旅のうち5.6箇所ほどすごく身近に感じる場所があり、そこは多分前世で行った場所
・旅の間はあんまり始めて会った人を信用しない方がいい
・突然の嬉しいニュースがある
・固定資産を表すラクダが見えるため、どこかで家を買っちゃう感じがするが、その時に騙されないように、コストと実物をよく確認すること
・なにか食関連か魚介類の資格か認定をとる
IMG_3523

以前にも日本のトルコ料理屋さんでコーヒー占いをやってもらったことがあるのですが、その時も色々当たってびっくりした記憶があります。
特に今回は持ち物(お守り)の形までピタッと当たったため、強烈にびっくりしました。
今後の旅路に問題はないとのことで、大変安心いたしました!

 リーディングしてくれたNurちゃんはアーティスト。
水彩×ヌードをテーマに色々な絵を描いています。