イスファハーンでたくさん買い物してしまった私は、日本に向けて荷物を発送することにしました。

イマーム広場から徒歩約10分ぐらいのところにある郵便局に来ました。
真夏のこの時期、イスファハーンのお役所や郵便局は朝6時から昼の1時までの営業になる、とのことでした。
場所や人によって色々事情が変わる国なので、都度誰かに確認しましょう。

郵便局はPOSTと英語で書いてあります。
IMG_2863 

国際小包の入り口に向かいます。
中は繋がってるんですが。
IMG_2861

これが送り状です。
見ての通りとっても欄が小さいです。
書ききれないので、担当のおばさんに住所をタイピングしてもらってプリントアウトします。
プリントアウト代で合計130000リヤルもとられました。
FullSizeRender

その後荷物の中身を一個一個赤外線でスキャンします。
ここで1時間くらい経過していますが、キレてはいけません。

何度もスキャンし、全部OKが出てからやっとパッキングです。
郵便局指定の黄色い箱に詰めてもらいます。
テープで止めるところまでやってくれるので、こちらで用意するものは特にありませんでした。

今回2箱発送し、全部でだいたい5キロくらいで、送料は2つ合わせて4000円もしませんでした。
イランからの発送は全て航空便になる、とのことで、追跡番号もちゃんとついてます。
ペルシャ語で書かれてるので、数字は頑張って読みましょう。
ここから約2週間後、荷物の1つが届きました!
最速2週間での到着になるようです。

カーシャーンでも発送を試みましたが、カーシャーンからは一部の国への発送ができなくなっているとのことでした。
その荷物はテヘランからの発送を試みましたが、中央郵便局に行ったのに、担当者早退のため断られてしまいました。
テヘランの友人に発送を頼んできましたが、日本では考えられないことが色々起こるもんだなあと実感しました。