食の国マレーシアでは結構いろんなものを食べる人がおり、私の好奇心ご飯とタメ張れる人が少なからずいます。
ある日日本でそんなマレーシア人の友人と飲んでいたときのこと。
彼はオオトカゲのカレーをマレーシアで食べた話をし始めました。
そのカレーはとっても美味しかったから、彼が同席した人になんの肉か聞いてみたそうですが、最後の最後まで教えてくれなかったそうです。
やっと教えられたと思ったら、その肉はオオトカゲBiawakのものだということ。
彼はゲテ食クラスタではないものの、そこからこのオオトカゲBiawakにベタ惚れしたようで、ああもうあの味忘れらんない、、と語っていました。

これがBiawak。
コモドオオトカゲの仲間だそうです。 
タイのルンピニ公園にももりもり住んでます。
IMG_1441
そんなうまいものなら是非食ってみたい私。
血眼になっていろんな言語を駆使してネットの海やら友達のツテを辿ってオオトカゲBiawakが食べれるお店を探しました。

まず1件目、 Keong Kee Herbal Soup

友人の友人である、中華系マレーシア人に教えてもらいました。
こちらは不運なことに私が行った日はまだ改装中。。。
明言は避けますが、どうやら漢方薬的な、色々不思議な生き物を食べられるお店だったようです。
次回は絶対行く。

2件目。Satti Sorru Ampang Jaya
ここは私がネットの海から引っ張り出した以下のリンクから辿ったもの。
お店自体ありませんでした。南無。

3件目。 Kick off cafe Petaling Jaya

こちらは2件目の系列店であると上記のリンクに書かれておりましたが、現在は名前が5 Starと変わっています。
このお店は昨年まではオオトカゲ出してたけど今は出してないとのこと。
悲しみに暮れていたところ、そこのお店のお兄さんが系列店に連絡してくれ、オオトカゲBiawakの捕獲業者にまで手配をしてくれ、日を改めて食べられることとなりました!!

そして迎えた5月16日、出国前日。
クアラルンプール中心部から車で約一時間、SattiSorru Loke Yew Ampang店にやってきました。
 
店先のお兄さんにオオトカゲカレーを注文。
カレーはシチューとご飯を混ぜてしまうか、分けるか選べます。
IMG_1432
程なくしてやってくる、トカゲメシ。
IMG_1436
IMG_1433

これが肉。
IMG_1437
お肉はまさに豚肉のようでした。
ワニやカエルのように白身ではなく、赤身のようです。
しかし骨が多く、可食部が大変少ないです。
なので、おそらくスープなりカレーのスープ部分なりにして食べるのが1番良いのでしょう。

推測ですが、、イスラムなこの国で豚の代用として食べる人がいたのでは、、
豚がなければトカゲを食べればいいのに、と言えるようになりました。

こちらのお店、エビなど普通の具のカレーご飯も置いており、普通に美味しいのでオススメです。