ロシアのバイカル湖周辺は、割といろんなアウトドアアクティビティを楽しむことができます。イルクーツクは本当に何もない街で、町歩きが好きな人なら楽しめると思いますが、そうでない人には以下がオススメ。
砕氷船アンガラ号の博物館
もう使われていない砕氷船のアンガラ号。
入ったことないけど中は博物館になってるらしい。
5F419D6B-846F-418B-8591-CDB3074AD56C

スケートリンク
確か600円前後で1時間ほどスケート靴を借りれます。
ロシアでは小学校でスケートの授業もあるらしく、地元民はみんなやたらうまい。
写真は生まれたての子鹿状態の私。
7754B708-E4E7-40AD-AD31-E05A073B28DD
バイカルアザラシのショー
お一人様500ルーブル、約千円でした。
館内撮影禁止のため、写真はありません。
25メートルプールぐらいのところで、イルカショーのようにアザラシたちが色々やってくれるのを眺めます。
アザラシに1+1とか2×3みたいな簡単な計算問題を出すと、その数だけ水面を叩いて答えてくれるのめっちゃかわいかったです。
アザラシたちは絵とかも書くんですが、そのアザラシアートを1万円ぐらいで販売してて、誠にたくましいなと思いました。

犬ゾリ
私的バイカル湖半のハイライト!
まずはここから英語で予約しました。

10分いくらの単位で、プラスイルクーツク市内への送迎料金がつきます。30分犬ゾリと送り迎え合わせて15000円ぐらいだった記憶。
イルクーツクからリストビャンカ村にバスもあるんですが、この村もまあまあ広いので、送迎付けた方が便利です。
イルクーツク中心部からリストビャンカまではバスでも送迎でも大体車で1時間以上かかります。
送迎が高いから、誰かと一緒に行くのをオススメします!

これが犬ゾリのところ。
9512733C-AD44-40EC-A55A-85576132CD6F
出発!
わんわんたちロシア語私より理解してて超絶えらい。
1C4451AD-0BEC-4AD1-8AC0-1F28E4CC00E8

この野原は牛とか馬とかいろんな動物がいます。
わんこが雪を蹴り上げるのに混じって、なんかいろんな動物のオトシモノもたまに飛んできます。
77DB3AC9-4081-4E57-9C49-B68DC3A5FB21
この日はマイナス20度、真冬はマイナス30度が通常運転のこの地域だとあったかい方らしいんですが、私は日本人ですから。
デニムの下に厚手のスパッツ履くぐらいじゃ耐えられません。
日本から持参した装備で唯一真冬のシベリアの寒さに耐え切れたのは、ワークマンで買った完全防寒で中にアルミが貼ってあるズボンだけでした。


バイカル湖グルメはこちら、バイカル湖にしか生息しない魚、オームリ。
1A3552BA-2FD6-4415-95AF-258F76751240

温燻と冷燻があり、個人的には温燻でほっかほかのオームリが大好き。
画像はビールですが、2回目行った時に大根おろしと日本酒持って行ったら完全に最高でした。
この魚、特に季節はないようで、春先でも真冬でもありました。
空港やシベリア鉄道の中では干物も売られています。

その他、3月のバイカル湖は美しく氷が割れている光景が見れたり、氷が張ってる季節には氷の下をダイビングできるようです!