いよいよアーユルヴェーダ治療院ステイの最終日となりました。
朝ごはんはココナッツチャツネとドーサ。
IMG_2076

昼ごはんはサンバル、ジャックフルーツのおかず。
IMG_2077

この日は院関係者ご夫婦の結婚記念日だったのですが、奥様が体調不良だったので、本人不在でケーキカットが行われました笑笑
IMG_2078

バナナの葉っぱに雑に乗せられるケーキ笑
IMG_2079

夜はとっても美味しい緑豆カレー。
この味は再現したい!
IMG_2083

10日間でこれまで感じていた心身の不調などを一掃するようなデトックスを実施しました。
毎朝のヨガ、1日2回のマッサージ、毎日の医師の診療、美味しいご飯、お薬、お洗濯などなど全部ついて一日13000円、来る前はなかなかのお値段だと思っていたのですが、費用対効果、また内容を鑑みてもこのお値段はとても安いと思います。
この生活改善とも言える治療で、目に見えてすこし痩せ、お肉を欲することがなくなりました。
私は10日間ですが、最低でも2週間、オススメとしては1ヶ月程度は日数が欲しい、とのことです。
温泉とお酒や、ビーチでゴロゴロするのよいいけど、是非この、体が作り変えられるような体験もしてほしいと思います。

この日はデトックス終盤、とはいえご飯は普通のものをいただきます。

まず朝はウプマ。
これは1番一般的ではないかと思われるセモリナ粉のウプマです。
やはりバナナと捏ねて食べるのですが、私はそのまま食べる方が好きです。
IMG_2054

お昼は写真を撮り忘れる痛恨のミス。

夜は酸味のあるバターミルク(モール)を使ったカレーです。
インドのベジは乳製品OKなので、それで旨味をだしているようです。
IMG_2070

ここで一部の治療を紹介しておきます。
トラクション?と呼ばれる、首を引っ張るもの。
私の肩こりや背中の痛みを解消するためのものです。
IMG_2056

また本日から、泥のようなハーブパウダーとヨーグルトを混ぜ合わせたものを頭に塗り、オイルを垂らし入れてバナナの葉っぱをかぶせてしばらく置く、というもの。
IMG_2073

この日は1番大きいデトックス治療、バスティを行う日です。
デトックスのことをアーユルヴェーダではパンチャカルマというようで、そのうちのバスティ(浣腸療法)を実施することになりました。

この日は朝のヨガは禁止です。
朝いつもマッサージをする時間に、アーユルヴェーダ医師とセラピストさんたちがお部屋にやってきて、お腹を温めた後溶液をお尻から入れる、というものです。

排便が終わったらお薬を溶かした重湯を飲み、ケララ米のおかゆを食べます。
朝と昼がこのおかゆです。
IMG_2050

夜から普通のご飯になりました。
この日はグリーンピースとコリアンダーのカレー。
IMG_2051

この浣腸療法をすると、どういう原理かわかりませんが、なぜかすごく良く眠れます。

↑このページのトップヘ