マレーシアには中国各地の民族が暮らしており、客家もその一つです。
客家は元々台湾の民族のようです。
マレーシアで食べる客家料理は大変美味しく、脂っこくにんにくがガンガン容赦なく効いており、大変味わい深いです。
豚の角煮だとか、芋団子を甘辛醤油系のタレに絡めたものだとか、いちいち食欲を刺激してきます。
そんな基本こってりイメージの客家料理の中で異色なのが、このレイチャ。

レイチャは基本的にはお茶漬けです。
台湾本場かどこかでデザートにしているというのも聞いたことがあります。
このブログではただのお茶漬けですが、お好みでネギとか色々トッピングすることも可能です。

このレイチャの汁の部分は、ハーブペーストです。
お茶っ葉、ピーナッツ、その他ハーブ類10種類以上をすりばちに入れてガンガンペースト状にします。
このすり鉢の棒に、グアバの木を使うのが味的にも棒の耐久性的にもミソなよう。
そのペーストをお湯に溶いて汁にします。
IMG_1359

汁をご飯にぶっかけて完成。
IMG_1360

こちら大変あっさりしており、まるで日本のお茶漬けです。
しかし、ピーナッツの香ばしさや、色々なハーブ類の香りが複雑に絡みあい、大変香り高く美味しいスープになっています。
もう、知らない材料が多すぎて、香りから材料を当てることは私にはほぼ不可能です。

このレイチャ、20世紀に入ってからの戦争中に生まれた料理のようです。
ある時疲れた兵士達が村にやってきましたが、その村にも兵士達を労うことができる栄養のある食事を提供することができる状況ではありませんでした。
そんな時にハーブや薬草、薬効に詳しい老人が、このお茶漬けを作ることを提案したのが始まりだそうです。
健康に良いメニューなので、このレイチャを頂いた友人のお父様は、レイチャを食べ続けることで、体の不調がかなり良くなったとのこと。

こちらのお店はもうすぐ閉めてしまうようで大変残念ですが、クアラルンプールにはまだいくつかレイチャやさんがあるそうです。
マレーシア旅は食い倒れなので、是非これで胃袋を休めてください。

クアラルンプールからほど近いところにあるペタリンジャヤ、そのSS15というエリアでなぜかタピオカドリンクが大流行しています。
しかもお店は深夜1時半まで開いており、ギリギリまで大行列しています。
タピオカドリンクはこちらではバブルティーと呼ばれており、元々タピオカやさんはたくさんあるのですが、何故かこのエリアだけ大行列している模様。
このエリアのタピオカ屋のロゴは全部動物モチーフになっているのが特徴的だとか。

まず1軒目、1番新しいお店。
回転が早く、あまり待つことなくドリンクが出てきます。
IMG_1382

2軒目。
こちらも回転が早く、並んでいるもののそんなに待ちません。
IMG_1381

問題はここ。
砂糖の量を聞いてくれるせいかなんなのか、行列の長さは他と変わらないのにめちゃくちゃ待ちます。
しかも目の前でタピオカが売り切れる悲劇。
仕方ないので普通のミルクティーを頼むも、そこからがこれまた長い。
IMG_1376

全部揃ったのは行列開始から30分以上経った頃。
幸福堂は、タピオカを黒糖で煮詰めているのか、甘くて美味しい。
ミルクの香りが良く、好き。
グリーンティーは、日本の抹茶よりも香り高い印象。

鹿のマークのお店は、飲み物もタピオカもかなり甘め。

クマのお店は、タピオカがないので比べられないですが、黒糖タピオカとハチミツタピオカが大変気になりました。
GrabFoodでデリバリーできるみたいなので、もう並ばずそれで買えば良いと思いました。
FullSizeRender

このSS15のバブルティーエリア、ブームのおかげで渋滞がひどく、近隣住民には大変顰蹙を買っているようです。
こちら近隣住民のブチギレボイスが掲載されており、ブームの程を伺い知ることができます。
FullSizeRender



マレーシアの友人たちがジョージア料理が気になるとのことで、ジョージア料理会。開催致しました。
メニューはこちら。

・ハチャプリ(チーズパン)
・ほうれん草のプハリ
・ビーツのプハリ
・シュクメルリ(チキンクリーム煮)
・サツィヴィ(チキンのくるみソース)
・ジョージア風カツレツ
・ハルチョースープ
IMG_1346

まずはハチャプリ、チーズパン。
ネットスーパーで小麦粉を購入します。
しかしどれが強力粉なのかよくわからず、パッケージにパンらしきものが書かれているのを選択。
どうやら強力粉ではなかったようですが、何か似たものができました。
買ったピザ用チーズは大部分カビていたので買い直しました。無念。
IMG_1347

・ほうれん草のプハリ
こちらのBaby spinachというものを買いました。
日本のものとは違って茎がめちゃくちゃしっかりしていたため、茎は茎だけの炒め物にしました。
葉の部分のみプハリに使用しましたが、炒めても水分量が少なくカラッとしており、絞らずに使用できてなかなか便利でした。
くるみはお菓子売り場にてゲットしました。
パクチーはもちろんめちゃくちゃ新鮮で香り高い。
文句なしの出来でした。

・ビーツのプハリ
日本にいる時と同様、缶詰を使用しました。

・シュクメルリ(チキンクリーム煮)
・サツィヴィ(チキンのくるみソース)
チキンはだいたい骨つきで来ます。サツィヴィのためにチキンスープを取る必要があったので、全部一度1時間ほど煮込みました。
その後シュクメルリは軽く焼いてクリーム煮に、サツィヴィは作ったソースをかけて仕上げました。

・ハルチョースープ
こちらはトマト缶、上記のチキンスープ、お米、ハーブ類でしあげました。
ミキサーにかけた方が美味しそう、との意見で、ドロっとしたトルコ風スープにしました。
たしかになかなか美味しい。

・ジョージア風カツレツ
ミンチ肉は、スーパーの1番安い全種類のお肉ミックスを購入しました。
玉ねぎ、にんにく、コリアンダー、パン、スパイス類を混ぜて完成。
こちらもとても人気でした!

マレーシア人にもなかなかに気に入って頂けました!
特にプハリは大人気でした!

↑このページのトップヘ