ハリスコ名物Birriaは通常牛肉で作られています。
しかし一軒ヤギで作る店があります。
それがBirreria la Victoria。
IMG_8676

テーブルに常備されている薬味は、好きにBirriaに入れます。
IMG_8677

Birriaは大と小を選べます。
これは大、問答無用でトルティーヤが付いてきます。
正式な食べ方はよくわかりませんが、Birriaに浸しながら食べます。
新鮮な玉ねぎとパクチーが辛味を和らげてコクを出してくれます。
ヤギの臭みはほぼなく、とても食べやすく仕上がっていました!
FullSizeRender

南米最古のアルコール飲料はアガベから作られるプルケです。
それがテキーラになるには、スペイン人が蒸留技術を持ち込む必要がありました。
南米で2番目に古い酒、となるとこれはワインです。
ソムリエ教本には載っていませんが、メキシコでもワインは作られており、割と美味しくできています。
割と、というより最初作ってみたらめちゃくちゃ美味しくできてしまったため、自国のワイン産業が脅かされると考えたらスペイン人たちは、1810年までワイン醸造を禁じます。
生産地域はカリフォルニア直下のバハカリフォルニアや、メキシコシティからほど近いグアナファトやグアダルーペのようです。
こちらのお店のメニューを見るとメキシコワインにもDOの表記がありますが、テキーラですら法律管理がかなり緩いと感じるので、おそらくワインもまだちゃんと法整備されていないものと考えます。
FullSizeRender

こちらはグアダルーペ産のジンファンデル、グルナッシュ、カリニャンの甘い系コンボ。
まあこのぶどうを混ぜれば間違いない、という感じの味でした。
IMG_7873

スーパーで買ってみたのは両方バハカリフォルニア産、白はリースリングに赤はネッビオーロです。
白はワイン名がライン川の城、となっている通り、ほんのり甘口しかしすっきりしたリースリングです。
赤のネッビオーロはイタリアのバローロと違ってタンニンがかなり少なく、開けてすぐ飲んでも美味しく飲めました。
色も紫に近く、ネッビオーロらしさがなくて、逆に不安になってしまう味でした。
IMG_8673

テキーラ村は、グアダラハラから車で1時間ほどのところにあります。
中心部は大きな建物はないものの、カラフルな建物の奥に山が見える、とても素敵なところです。
また、町中至る所にバーがあり、メキシコで唯一屋外での飲酒が黙認されている街だということです。
中心部を少し離れると、小さい蒸留所がいくつもあります。
IMG_8566

町中至る所にある、フォトジェニックな「テキーラ」の表示があります。
IMG_8590

村役場にはこれまた大きなアガベの絵が書かれています。
盛大なインスタ映えな街です。
IMG_8597

ここはホセクエルボさんのご自宅。
今はお土産やさんになっています。
IMG_8609

街中には樽の形、ビンの形、トウガラシなどいろんな形の観光バスが運行されています。
IMG_8618

一番ビックリしたのはこれ、パパントラ。
メキシコはパパントラという街に伝わる太陽への礼拝ですが、現在はこの町の人がメキシコ中を興行で回ってお金を稼いでるみたいです。
昔イッテQで見たことあったけど、リアルに見たらものすごい衝撃でした。
一番上に命綱もなく立って回る人とか、くるくる回りながら楽器鳴らすひととか。。

↑このページのトップヘ