アルゼンチンはスペインが植民地化し始めた土地ですが、大航海時代の終わりかけ当時貧しかった南イタリアの人々は仕事にありつくため、アルゼンチンに移住しました。
そのことからアルゼンチン全土はイタリアンな料理が多くありますが、一部よくわからない進化を遂げているものもあります。

こちらはカネロニ。
カネロニって普通大きな筒状のパスタのはずですが、アルゼンチンではクレープみたいなものに置き換わっています。
中にはチーズとか肉とか、基本は上にかかってるものと似たものが入っていることが多いようです。
FullSizeRender

こちらはミラネーザ、という食べ物。
通常南米でミラネーザというとチキンカツのことを指します。
ここで食べたミラネーザは、ステーキの上にチーズとハム、卵が乗り、私が知る限りこれはコトレッタ・アラ・ボロネーゼに近い気がします。
FullSizeRender

面白かったのは、ミラネーザナポリターナというもの。
ミラノなのかナポリなのかどっちやねん、と思っていましたが、どうやらチキンカツの上にトマトソースをかけたやつをこう呼ぶようです。
つまりはトマトソースがナポリ的な要素だそうです。
IMG_0609

おそらく他にもなんちゃってイタリアンが生成されており、ブエノスアイレスにはピザを紹介しまくるフリーウォーキングツアーなんかがあったはずです。

アルゼンチンは意外にも滞在というか陸にいる時間はとても短かった印象です。
しかしそれなりに、メンドーサでワインを堪能し、そこからブエノスアイレスで都会を満喫、その後南極という素敵なスケジュールでした。
ご飯が想像以上においしく、水道水も飲めるすごく快適な国でした。
イグアスではここがどこの国かイマイチよくわからないなりに、滝の凄さは感じてきました。
アンデスはかなり上の方から一番下まで制覇できました。
なにより、人生初のクルーズを体験した事、船の上とはいえ、南極に到達したことはとても大きい経験でした。
アルゼンチンの経済危機が早く収束することを心からお祈りします。
また、似た状況に居た人間として、ダイヤモンドプリンセス号の乗客乗員の皆様の心中は察するに余りあります。
ウイルスの早めの解決を心からお祈り申し上げます。
サルタ州や氷河トレッキングなどまだ行き残したところもあるので、アルゼンチンにはぜひまた訪問したいです。
IMG_0630


次はブラジルです。
ここイグアスはブラジルとアルゼンチン、パラグアイが国境を接しています。
もう川の向こうはブラジル、ブラジルの人聞こえますかが聞こえる状況になりました。
IMG_1446

神戸の三宮に超お気に入りのブラジル料理の店があって、そこのバナナピザが本当に永遠に食える美味さだったのをよく覚えています。
今回はムケッカ、フェイジョアーダ、シュラスコを堪能しつつ、よくわかんないアマゾンの生き物もたくさん食べれたらいいなと思っています。
前職のブラジル国籍を持つ同僚や、ブラジル人の友人がたくさん警告してくれた通り、治安安全に気をつけて、存分にブラジルを堪能してこようと思います!

イグアス国立公園、ボートで滝行ツアーが終わったら、園内列車の2つ目の駅で下されます。
案内板が少なくて、どこに向かえばいいのか結構不親切な公園です。
IMG_1452

そこから電車で一駅、イグアスの滝は遂に本番、悪魔の喉笛と呼ばれる場所に向かいます。
こういう道をわりと歩きます。
迷うことはないけど、わりと長いです。
IMG_1504

途中見える景色も大変素晴らしく、ポッカリ浮いた雲が美しいです。
IMG_1503

途中はこのハナグマとかいう可愛い動物が頻出します。
なでても嫌な感じにしなければ怒られません。
でも引っ掻かれたりすると、変な病気とかあるみたいなので、注意が必要です。
IMG_1507

悪魔の喉笛の始点が見えてきました。
IMG_1517

これだけ離れてるのに水しぶきが雨のようにかかります。
こういう写真はよく見るけど、しぶきを浴びながら、爆音を聞きながら実際この場所で見なければこの凄さは伝わらないと思いました。
が、一応写真は載せておきます。
IMG_1521

そこから見えるブラジル側の景色もとても素晴らしいです。
滝の近くに生える植物がとても印象的でした。
IMG_1519

ブラジル側にもブラジルのイグアス国立公園があります。
こちらは悪魔の喉笛を下から鑑賞できるようです。
それもそれで大変素敵だなと思いました。
体力があれば、是非アッパートレイルもやりたいと思いました。

↑このページのトップヘ