酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

今日は春分の日です。
本当はですね、チチェンイツァのピラミッドでククルカンの降臨を見る予定だったんですよ。
例によってコロナでキャンセルになりました。
本当に残念ですね。
こういうイベントごとと休暇日程合わせるのなんてクッソ難しいのに。

ツアーがキャンセルになったので、代わりのツアーを手配してくれるとのことで、イスラムヘーレス、ムヘーレス島(さらに言うと女の島)に行ってきました。
元のツアー代50ドルほどに対して、100ドル近いツアーなので、良い代替案でした。
IMG_2192

カンクンからツアーボートに乗り、しばらくしたらスノーケリングをしてサンゴ礁や海底美術館を見ます。
海底もそうですが、海自体のきれいさもピカイチ、多分私が見た中で1、2を争うほどゴージャスな青でした。

その後ボートはパーティーボートへと変貌し、飲み放題のお酒にガンガンの音楽に溺れて踊り狂いながらムヘーレス島に到着します。
IMG_2210

あとはのんびり。
来週帰国しちゃったらしばらく見れないであろう景色を目に焼き付けます。
IMG_2182

ピニャコラーダでも飲んでのんびり
IMG_2200

帰りもひたすら酒が提供されます。
すごいいい1日でした!
IMG_2204




ご飯のことならかなりスペイン語がわかるようになってきました。
タコスのオーダーもスペイン語で細かく伝えられるようになってきました。
プラヤデルカルメンの本屋さんでは、ユカタン半島料理本、すなわちマヤの流れを組む料理の本が売られており、アガって買ってきました。
帰国便取ったから、なんでも買える無敵状態で調子に乗りました。
中身は私がメキシコでまだ見たことないフードだらけでとても興味深く拝見しました。
コロナのせいで近々レストランが閉まるため、おそらく食べに行く機会はほぼないのが残念です。
IMG_2138

そしてビーチでのんびりしていたときに売り子さんが売りにきたのが、この本に載ってたキビKibiというもの!
なんだか歯応えのあるカリカリのトウモロコシ?生地の香ばしいパン的なものの中に、玉ねぎのピクルスっぽいやつを入れて食べます。
歴史的にユカタン半島にはレバノン系移民がいるそうで、どうやらこの食べ物もその流れを組む中東のもののようです。
小腹を満たすおやつにぴったりな一品でした。
IMG_2153

カンクンはプラヤ・デル・カルメンにいます。
今日はキャロリンさんの運転する原付に2ケツして、街中を散策しました。
IMG_2137

街の中心部は、メキシコシティの比じゃないくらいの観光地モードで、物価はタクシー含めて軽く倍くらいします。
リッチなアメリカンの遊び場って感じです。
IMG_2142

街中にあったすごいタイムリーなオブジェ。
IMG_2143

空がどんよりめに写ってますが、綺麗に晴れてて、海は最高に綺麗なコバルトブルーです。
IMG_2144

観光地感がすごい。
IMG_2148

中心部の広場では鳥人間パパントラをやってます。
専用の棒まであります。
IMG_2146

ビーチのベンチは2人で300ペソでした。
ここに延々と座ってウダウダするの最高に幸せです。
帰りたくないなあ。
IMG_2156

このページのトップヘ