酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

まずは言わずと知れたプラド美術館!
ゴヤはもちろんのことベラスケス、エルグレコ、などなど古典の絵画が多めにあります。
ここのベラスケスのラスメニーナスとバルセロナのピカソ美術館のラスメニーナス(ピカソによる模写と解釈)はどちらかの記憶が新鮮なうちに両方同時期に見た方が良いです。
ゴヤの部屋があるらしいと聞いてきたんですが、それも一つではないのは知りませんでした。
2階にはルイ14世、16世、アントワネットの姉妹のカロリーナなど、どっか(だいたいベルばら)でみたことある絵がたくさんあって感動でした。
ここは全室写真禁止です。
IMG_5104

続いてソフィア王妃芸術センター!
かの有名なゲルニカがあります。
IMG_5146

はいきたゲルニカ!!!
大きいと聞いていて、確かに大きいけどプラドの壁を埋め尽くすレベルのでっかい油絵たちを先に見てしまったので多少かすみます。
ピカソは作品の鑑賞者がどんな人かをよく分析し、そこに一番よく刺さるように描ける人だったんだと思います。
スピーチの場でシチュエーションや対象に応じて言葉を選ぶように、ピカソはそれを絵でやれたんだと思います。
だからピカソの絵は大概デフォルメされていてもそれが何なのかわかり、状況もよくわかります、子供の頃の私でも。
その中でパリ万博の壁画としてこれを出してきたのは、自分の立場もわきまえ、それが万博だということも踏まえての元祖炎上商法でした。
人を分析し求められることを理解し、その上でその人の評価を上回り、かつその人がギリギリ理解できるレベルの絵を描き、自分のやりたいこともそこに擦り合わせることができた稀有な人だと思います。

IMG_5149

訪問前日は5月1日レイバーデイで国を挙げてのお休みでどこも空いておらず、ホテルで本を読みました。
原田マハ「暗幕のゲルニカ」

今私自身がいる場所も舞台の一つとして物語が繰り広げられる様を読んでからのゲルニカ鑑賞は感無量でした。

そこに綴られていた当時のピカソの恋人で写真家の女性が撮影したゲルニカの制作途中の写真も飾られていました。そのことにも作中で触れられており、まさに写真を通して彼女の興奮が伝わってくるようでした。
IMG_5150
IMG_5151
IMG_5152
IMG_5153

スーパーで度々なんかこのシラスみたいなものを見かけてずっと気になってました。
IMG_4825

そして調理できるホステルにきたので早速やってみました。
ググったところアヒージョにするとかいてありました。

IMG_5573

そのまま食べてみたら魚の味がするけどちょっと塩味もうちょいほしい感じでした。
フライパンに油をしいてこれを投入、ホステルにあったガーリックパウダーと塩胡椒で味付けしました。
IMG_5574

美味しいけど、なんかかまぼこっぽい味と食感です。
IMG_5576

と思って調べてみたら本当にかまぼこでした!



うなぎの稚魚だけど高いからかまぼこで代用!!!

デパ地下行ったらかまぼこじゃないホンモノありました。
こりゃかまぼこにするし、なんなら日本で五千円のうな重食べた方がいい。
IMG_5647

まさにカニカマと同じ発想です!!!
ってことは、カニカマとかかまぼこ、なんならちくわをアヒージョにしても美味しいってことではないでしょうか。

うな重食べに行こ。

チュロスはスペインの定番の朝ごはんのようです。
せっかくなのでホテルの近くにあった有名店San Ginesに来ました。
IMG_5061

ここは隣接する土地に2店舗ほどあって、一つ一つはそんなに大きくないようです。
8時オープン少し前に行ったら余裕で第一バッチで入れました。

IMG_5073

確か5.9ユーロでチュロス6本とチョコラテがついてきます。

IMG_5074

このチョコラテも濃厚なテクスチャながら甘すぎず、チュロスは日本で食べるようなどっしりぎっしり生地ではなくサクッと軽く、生地自体に甘さはなく薄っすら塩気をつけてあって、上品で口当たりよくいくらでもいける味です。
しかし私のヨワヨワの胃腸ではすぐ胃もたれしてしまって夜までお腹いっぱいでした。

IMG_5075

このページのトップヘ