酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

今日、サラダを食べていたら、奥歯にしみました。

本日は3月22日、出発は4月11日です。

歯医者で治療が完結するのか…

調べていたら短期集中治療ができる歯科を発見。
オーラルプロポーションクリニック
無痛治療なんかもできるみたいで期待が高まります。
早速電話してみました。

初診は8650円だそうです。
そこでレントゲン撮ったり診察して、予算を出して、それに納得すれば治療開始になるようです。

短期集中治療とは、保険適用外の治療となるようです。
保険適用の範囲内だと、何度も歯医者さんに通い詰めないといけないのですが、保険適用外の自由診療にすることで短期での治療が可能になるようです。
だから基本的にこういう歯医者さんはめっちゃ高いようです。

とはいえ背に腹は代えられない。
もう予定が詰まりまくっている。
明日早速治療に行ってきます。続きを読む

中国と言えばお茶であります。
スーパーでもお土産物やさんでもたくさん置いてありますが、どれを買えばいいのかわかんないしどんな味かもわかんない。。と悩んだことがある人がきっとたくさんいるはず!
そんな人のために、上海にとても素敵なお茶まみれの建物があるので紹介します。
その名も天山茶城。
上海の地下鉄の黄緑色の2号線、婁山関路駅から徒歩15分から20分、もしくは紫色の環状線の4号線、中山公園ならもう少し近いかもしれません。


車通りの多い空気の悪い大通りを歩くと見えてくる、明らかに増改築を繰り返した挙句怪しくなってしまった建物、それが天山茶城。
View this post on Instagram

常連の方についてきていただき、#天山茶城 に行ってきました。建物丸ごとお茶屋! 入った瞬間にあまりのお店の数にズラリと並んでてちょっとギョッとしてしまったけど、行ったのは建物に入ってすぐにある栢茗茶业。日本語の堪能な店員さんが次から次へと軽快なトークと共に試飲させてくれて、盛り上がって長居した。 これは肌にいいとか、食べたあとの脂を切るとかいろいろ聞いて、味わってあれこれ悩んで買ったのはノンカフェインの老白茶とパイナップルのお茶と乾燥シしいたけ。このしいたけがつまみにもお茶請けにも良くてつい。 おなかいっぱい試飲したあとでまた隣の店で台湾の人参烏龍を購入。家にある上海の人参烏龍と飲み比べてみようかな。 どちらのお店もお土産向けのパッケージが多くて、1回ずつ分けられてたり、数種類入ってたりして便利。しかもちゃんとお値段がわかりやすく書いてあって安心。またここで買おうと決意。 #娄山关路 駅近く。次は茶器も見たいな。 #shanghai #lifeinshanghai #china #tea #chinesetea #上海生活 #上海 #お茶 #中国茶 #台湾茶 #taiwan #台灣茶 #烏龍茶 #お土産

doryさん(@dorynodays)がシェアした投稿 -


周りをぐるっと一周してみるも、どこが入り口なのか、というか何がどこにあるのか全く分からない。
なんとか建物に入って進んでも、どうやったら帰れるのか出れるのか、本気で分からない。
エスカレーターはたくさんあるけど下りがなかったり、とにかくダンジョンのような建物でした。

お茶も何を買えばいいのかわからなかった私ですが、日本語を話すお茶屋さんで、2時間ぐらいガッツリ試飲&説明してもらいました。
相場はわからないけど、試飲と説明、さらにはその日の結婚式でやるスピーチ(中国語)の特訓もしてもらったので、私としては全然OKでした。

武夷岩茶というのが、肝臓にいいよおと勧められて買ったお茶。
これだけは手放せない。


お店はこちら。
茶叶季節
3 Yuping S Rd, HongQiao, Changning Qu, Shanghai Shi, 

果物の王様と言われるドリアン。
日本では匂いばかり取り沙汰されるけど、私はカスタードクリームみたいに濃厚クリーミーなあの果物が大好きです。
たしかにガス漏れみたいな匂いはするけど、むしろあの匂いからあの味を連想するため、もはや匂いすら愛おしいレベルの狂人です。

そんな私をマレーシアで待ってる場所がこちら、ドリアンセンター。
IMG_0231

中は、ほらもうドリアンまみれで私大歓喜。
もうこの場所に近づくときからあの匂いが愛おしい。
ふわっと匂ったら軽く叫ぶぐらい嬉しい。

我々が品種を気にしてコメを選んだりリンゴを買うのと同じように、ドリアンにも色々あります。
その中でドリアン最高級と言われるのが猫山王、Musang Kingと読みます。
これだけ他のやつより群を抜いて高く、倍ぐらいの値段します。
普通のドリアンはだいたい一個1500円ぐらいでしょうか。お値段は皮付きで計測し、1キロいくらでお支払いします。
豊作の年とかだと、人が入りそうなバスケットひとカゴあたり150円とかいう時もあるそうです。
IMG_0230

ここで好きなドリアンを選ぶと、お兄さんがサクサク鉈で割ってくれます。
割ったドリアンはその場で食べれます。この時手が汚れないようにビニールの手袋なんかを貸してくれます。
余ったドリアンは冷凍するとアイスクリームみたいになってこれまた幸せです。
あまったドリアンはお持ち帰りすることも可能。しかし現地の人曰く、ドリアンはやはり割ってすぐいただくのが1番うまいらしい。

出国までもう一か月を切りました。わたくしドリアン食べるの楽しみでウキウキしてます!

このページのトップヘ