酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

WSETとはWine & Spirits Education Trust、またワインの勉強です。
これはイギリスの会社が主催するワイン資格で、つまりはソムリエの国際資格です。
2年前に取ったワインエキスパートという資格は、日本の日本ソムリエ協会が主催しているので国際的にはあまり効き目がありません。
私が旅の間出会ったワイン関係者はみんなWSET持っており、私も是非定住したらお勉強しましょうと思っていたので、初任給入る前くらいにアカデミーデュバンのWSET Level3の日本語試験講座を申し込んできました。

試験内容はテイスティング4問と筆記(理論)50問からなります。
全体で55%以上を正解すれば合格です。
ワインエキスパート試験とは違い、全部筆記なのがこの試験です。

そんな試験講座初日が昨日でした。

初日はまずテイスティングのお勉強でした。
テイスティングはまず試験に使用する語句を覚えることから始まります。
テイスティングで表現する語句も全て既定のものを丸暗記します。

香りと風味を表現するのは、プライマリー、セカンダリー、ターシャリーの要素に分かれています。
・プライマリー…ぶどう本来が持つ花や果実の表現(バラとかベリーとか)
・セカンダリー…発酵の過程で出てくる酵母や樽にまつわる表現(パン、バター、ココナッツとか)
・ターシャリー…熟成によって出てくる酸化や熟成した果実味の表現 (ナッツ類、ドライフルーツ、土とか)
ワインによっては超フルーティーなさっぱり白ワインなんかはプライマリーの要素しかなかったり、熟成した高いワインなんかは3つの要素全てが含まれていたりします。

ワインエキスパート試験のテイスティングは、ブラインドでぶどう品種と産地を当てに行くことが主?な目的でしたが、WSETではBLICという基準に沿ってワインを「採点する」という観点が出てきます。
B…Balance(バランス)突出した要素がなく、バランスが良いかどうか
L…Length(余韻の長さ)好ましい感覚がどれだけ持続するか
I…Intensity(凝縮度)風味が凝縮されているか
C…Complexity(複雑性)上記プライマリーからターシャリーの要素いくつがワインの中に含まれているか
これらが含まれていれば1点、ちょっとあれば0.5点、なければ0点の4点満点で採点します。

この語句を使用して、Appearance(外観)、Nose(香り)、Palate(風味)、Assessment of Quality(品質)、Level of Readyness for drinking(飲み頃かどうか)に分けて記載します。
NoseとPalateではプライマリ、セカンダリー、ターシャリーの要素から表現を記載します。
それぞれの要素の花や果物などの名前が正しく書けていれば1点、その部分は5点満点で採点されます。
Assessment of QualityではBLICの基準に沿って採点した結果を記載します。

ワインエキスパートの下地があるのであの時ほど猛勉強しなくてもいいけど、覚えることも慣れることもたくさんあるので油断しないようにしようと思っています。
 

久々に料理ブログを書きます。
猫さまたちが来て、自分のペースの生活というものが様変わりし、多国籍料理作ってる余裕は皆無でした。
猫さまたちも同じだったと思います。

今日作るのは、南極に行くクルーズ船の中でよく出てきた朝食メニュー、コンビーフハッシュです。
しょっぱくて、朝からビールを欲していました。
美味しいスクランブルエッグにケチャップ山盛りつけるのも好きでした。

コンビーフハッシュ
2人前くらい
材料
冷凍のハッシュドポテト 2枚
コンビーフ 2缶

作り方
フライパンに多めに油を敷き、ハッシュドポテトをあっためる。
油はハッシュドポテトに吸い込まれます。
IMG_3335
両面軽く焼いたら、崩す。
(これで2枚分)
IMG_3337

オーブンの上から猫たちが好奇心いっぱいで眺めています。
IMG_3336

崩れたらコンビーフ缶を入れて混ぜます。
IMG_3338

猫さまが、それどうせくれへんのやろ?と言ってます。
IMG_3339

スクランブルエッグとトーストを一緒に入れたら完成!
IMG_3341

この前梅雨が明けたと思ったら、もう秋味なんですね。。

うーんアメリカンな眺め。
IMG_3340
料理って何だろうかとたまに考えます。
この、出来合いのものをぐちゃぐちゃに混ぜたこれは果たして料理なのか。

こちらの本、料理の四面体

によると、
日本において料理とは切ることである。
だから言ってしまえば切っただけの刺身が料理として成立する。
対して西洋において料理とは火を通すことである。

なので、今日作ったコレは、切ってないから日本的には料理ではなくとも、焼いてるから西洋的には立派に料理として成立することになります。
砥石と包丁持って旅してた私には大変興味深い話です。
この本は本当にお気に入りで、料理についての考察に詰まったらこの本に立ち返ります。

理論はいいとして、これ罪深くて油っぽいからビールがいいと思います。
味も濃くて、日本人の舌には全然朝飯じゃないと思う。

私なんでも食べるんですけど、まあ人間が作ったキャットフードはきっと人間も食べれると思うんですよ。
猫飼ったからにはキャットフードもちろん味見します。
もちろん猫より先にわたしまっしぐら。
カリカリも食べてみたんですが、やはり味気なかったり臭みが強かったりして猫缶の方が美味しくレビューできるので書いてみます。
 
銀のスプーン子猫用
これが一番美味しいです。
塩気もしっかり効いていて、日本酒のつまみになります。
しかし猫にとっては少ししょっぱいようで、水で2倍ぐらいに薄めると食べてくれました。 
これ1缶で4食分ぐらいになりました。


カルカンパウチ 子猫用
生臭いけどまあ美味しい。
人間が食べる場合は、酒で匂いを一度飛ばすか、生姜を混ぜると日本酒が飲める。
これは水で薄めなくても猫が食べてくれる。
1袋で2食分くらい。(現在はおやつとして使っているため3食に分けている)


ヒルズ サイエンスダイエット 消化器サポートi/dの猫缶
少し苦味があるレバーペーストの味がする。
猫ウケはあまり良くないが、人間としてはなかなか好き。
ピノノワール赤ワインなどが良い。
うちの猫たちは先日やっと2回目のワクチンを打つことができました!
私も一安心です。
IMG_3298

しかしオス猫ルイくんの軟便がなかなか良くならず、試行錯誤の日々です。
ヒルズの消化ケアカリカリに加え、上記ウエットフードに少しずつ乳酸菌サプリ(ヨーグル3)や粉の新ビオフェルミンSを仕込んで与えています。
軟便だけど成長はちゃんとしており、1カ月で約500グラムずつぐらい順調に体重も増えています。

このページのトップヘ