酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

私がこの巡礼行きを決めたのが昨年6月くらいでした。
体の疲れが抜けず、若くなくなってきたので「いつかやりたい」のいつかは作り出さないと来ないし、時間があっても体力切れでできない可能性があると思ったのでトレーニングを開始しました。

一番最初にやるべきことは歩く姿勢の改善
ランニングスクールとかそれ用の整体とかで指導してもらって正しい姿勢で筋肉をつけましょう。
足首につけるオモリとかもやるならわりかし早めの時期からがおすすめです。
直前にやったら痛めるかもしれないので。

街中ウォーク20キロ程度
最初は休憩やご飯の時間含めて20キロを6時間で歩くといいと思います。
1時間5キロくらいのペースだと西洋人の早歩きにもついていけると思います。

山歩き20キロ程度
登りのトレーニングもあってもいいと思いますが、普通の山道をとりあえず20キロ歩くというのも良かったと思います。

ストレッチやマッサージでの回復
歩きすぎると疲れすぎて眠れないこともありました。
本番でそれがあってはいけないので、興奮を鎮める呼吸やストレッチの方法を習得しておきましょう。
現地に持って行ける、テニスボールなどを使ったマッサージも習得しておくと便利です。

トレッキングポールの有無
トレッキングポールを使ってる人も道中見かけますが、あれが本当に楽かどうかは人によると思います。
私個人は険しく長い登りや、山道の下りはトレッキングポールを使いたい気持ちです。
私が歩いたポルトガルの道のラスト100キロは主な道の中で一番起伏が少なく、高低差も300メートルほどなので不要と判断しました。
飛行機の乗り継ぎがクリティティカルで荷物預け入れ不可と判断したのもあります。
念の為で持ってくると重荷になりかねないです。
サンティアゴのデカトロンで10ユーロくらいで売ってるのも見たし、どこかにみんなが寄付したトレッキングポール置き場があるらしいというのも聞いたので、現地調達も考えましょう。

荷物運搬サービス
色々あるのですが、スペインの郵便局Correosまでもが荷物運搬サービスをやってます。
次の目的地まで届けてくれるやつとか、巡礼後に旅行を続ける人のためにスーツケースを預かっといてくれるとかあるそうです。


荷物運搬サービスは他にも色々あるみたいなのを見かけました。

私個人は2年ほど前から平日2日ジムに行って筋トレとランニング5キロ、そこに加えてピラティスやヨガをしていました。
1年前からはジムに加えて休日どちらかは20キロほど歩くか山歩きするか、10キロほど走るかに充てていました。
出発1ヶ月前くらいにだいたいのものを揃えて実際荷物持って歩いて調整してみたりしました。
荷物は水やモグモグを含めて実際6-8キロでした。
IMG_4855

マドリードではスイーツ屋に遭遇することが多かったのでよく朝ごはん代わりに食べてました。
あぶらっこいから2つほど食べたら昼過ぎまでお腹いっぱいです。
IMG_5090

買ってみました。
IMG_5122

黄色いのはアイシング、中はサクフワのパイになってました。
IMG_5123

これはシナモン風味で、ほろっと崩れるような口どけでした。
ポルポロンみたいでした。
IMG_5124

荷物を預けたお店がパンデリアだったのでここでも一つ。
IMG_5145

これ軽いのに意外と包み紙に油がうつってます。
上のはアイシング、シュークリームのシューのところだけってかんじです。
IMG_5148

マドリードで一人ご飯できるところを調べていたら出てきたのがサンミゲル市場。
いろんな店で買った食べ物や飲み物で酒盛りができる素敵スポットです。
ポーションも現実的なので私もやってみました。

まざはサングリアとパタタブラーバ。
このオレンジのピリ辛クリーミーなブラーバソースが素敵です。
ビールでもよかった。
IMG_5058

そしてイカフリット。
やわらかくて美味しいです!
しかしこの3品頼んで30ユーロ5000円すると思ったらお財布に厳しいです。
あとあぶらっこくて胃もたれするのでここで終わり。
IMG_5059

以下写真だけとってきたものです。
うまそうなオリーブ
IMG_5050


FullSizeRender

スイーツもあります
IMG_5052

IMG_5045


IMG_5044

これはホステルのすぐ下のバル。
ビール頼んだらオリーブがついてきたんですが、このオリーブが当社比前代未聞の美味しさでした。
IMG_5112

イカフライを挟んだパン。
これも名物のようでどこにでもあります。
IMG_5113

このページのトップヘ