酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

コタキナバル名物、ラフレシア。
世界最大のお花である。
どこでいつ咲くかは誰にも予想がつかず、咲き始めても3日程度しか開花しないため、見れるかどうかは本当に運である。

本日はわたしの31回目のバースデー、どうやら神様が味方してくれたようである。
キナバルのPoring温泉があるところに、植物園があり、そこで開花しておりました。
拝観料は確か1人20リンギット。

それは突然現れる。
IMG_1145

柵のふちに咲いている。
花びらは分厚く、サイの皮でも触っているかのよう。
IMG_1148

これはラフレシアのつぼみ。
肌色のやつはここから開花まで1カ月はかかるらしい。
IMG_1151

ガイドさんに聞いたら、ラフレシアは食えないらしい。
あんなに肉感的なのに。
誰もやってないだけじゃないかしら。

ラフレシアは臭いと言いますが、全く臭いませんでした。
ガイドさんによると、ラフレシアが死にゆくときは死臭というか、肉の腐った臭いがするそうです。

ラフレシアの死骸は、リスなどが食べるそうです。
リスのフンが運ばれることで、ラフレシアのタネがどこかに植わります。
そしてラフレシアのつぼみ?タネ?が形成されてから約18か月後、満を持しての開花となるそうです。

ラフレシアのつぼみがこの辺り一帯に群生しているのは、ラフレシアの根っこがめちゃくちゃ長いためだそうです。
この辺のは全部1つの根っこだそうです。
なので、サバー州のいたるところで見かけるラフレシアは、誰かがどこからか根っこをくすねてきて自分の土地に植えることで、開花期間中は入場料をゲットできるビジネスになるようです。

とはいえ雨が降ってしまうと開花直後に花が真っ黒になったりするそうなので、本当に見る方も見せる方も運だなあとおもいました。

日本語の通じないガイドさんと旅をしている我々。
今日は、フィッシュマッサージにいくよ、と言われて、ドクターフィッシュか。とメダカみたいな小魚を想像して出発しました。

到着したのはこちら、Tagal Fish Massage。
IMG_1136

どこにも英語表記はないため、マレーシア人と一緒じゃないとかなりきついです。
入場料20リンギット程度を払って入ったら、なんだか様子が違う。
水槽もなければ、これは小魚ではない。
IMG_1130

群がっている。
足を噛んでくる。
角質食ってるんだろうか。
軽く痛いし、あとはキモい。
ヌメヌメと、時々ナマズが混じっている。
IMG_1133

フィッシュマッサージって聞いてたけど、そういえば誰も健康にいいとは言ってないし、角質を食ってくれるとも言っていない。
それに小魚であるとも誰も言ってなかった。
なかなかやばかった。

マレーシア、コタキナバルにやってきました。
私的にキナバル山よりもビーチリゾートよりも、このサゴ虫の実食をやりたくてやってきました。

レストランは街中のイケてるショッピングモールの3階ぐらいにありました。
なんだかきれい。
IMG_1109
我々が食べる虫さんがこちら。
現地の言葉でButodといいます。
寿司や顔ハメにして遊びすぎてウケる。
IMG_1102
 
虫さんはこんな感じで飼われています。
独特の匂いがきつく、ハエがたかってる。
虫さんたちは大変元気に波打っており、全く食べ物な見た目をしておりません。
IMG_1104

動く様子はこちら


食べ方は、踊り食い、炒め、寿司、ピザが選べます。
本当は踊り食いする気で来てたんですが、見た目のあまりのグロテスクさから、まずは炒めてもらうことに。
最初fryって言われて唐揚げを想像してましたが、衣も何もなく炒められてて割とキツい見た目。
すでに触りたくない。
1匹4リンギット。
IMG_1107

実食。
頭の黒い部分は噛み切って出します。
噛んでみるとジュワッと薄甘い汁がでてきます。
クリーミーで、コイツを食べ物だと認識できれば多分美味しい。
飲み込もうとしたけど体が拒否して無理でした。
横に添えてあるきゅうりも虫臭がして臭くなってて食えない。

これは同行者の実食動画。 

なんだか、私今までかなりゲテ食してきたんだけど、それって多分日本人向けに何かしらてがかけられていたんじゃないかとすら思います。
でかいコオロギの姿揚げも美味しく食べれたし、ミャンマー料理の竹虫なんてカッパえびせんみたいなもんだったし。。
これに比べたらどれもゆるかったなと心の底から思います。

コタキナバルの原住民にとってサゴ虫はご馳走のようで、この虫を安定供給するための養殖場もこのコタキナバルのどこかにあるそうです。
私には無理であります、せめてハンバーグとかにしてくれ。

このページのトップヘ