酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

facebookを見ていたら、去年(2018年)の1月13日の投稿で、ジョージアワインのイベントに行っていたと出てきたから思い出し。
そのイベントでワインの美味しさに目覚めてしまい、ジョージアワインを仕事にしたいと思い立ち、3月下旬ぐらいからワインエキスパートの勉強を開始し、2018年度ワインエキスパートに見事独学で合格しました。

まずは一次試験の勉強方法です。
オススメの勉強方法は別途書きます。

勉強にあたって、まず購入した本はこちら

わからないところはググりまくってました。

朝起きたらこちらのYoutubeチャンネルSommelier forfreeを聴きまくる。
通勤のバスの中ではひたすらアプリでYoutubeで見たところの問題を解いてました。

会社ではインターネット自由にできたので、常に画面の裏にワイン関連のページを置いておいて、見まくる。
富田葉子先生のページとか
神戸ソムリエさんの独自ブログ

4月下旬のゴールデンウイーク前ぐらいになると、その年のソムリエ教本から抜粋した杉山明日香先生の本が出ます。


これはもう擦り切れるまであんきしました。
まずはYoutubeとこの本をゴールデンウイーク終わる頃までにやりきって全体をつかみ、そこから細かい暗記に入ります。

ボルドーの格付けやらブルゴーニュの村の名前、イタリアの州ごとのDOCなんかは、替え歌で覚えました。富田葉子先生のYoutubeチャンネルを参考にしました。
宣伝とか入ってるので歌だけ聞きたい人は、ワイン太郎というチャンネルで聴けます。全部じゃないけど。

今年からCBT受験になったため、試験期間早めに受けた人の問題がネットに上がってました。たしか5ちゃんねるです。
なので試験1週間前はその問題を見ながらソムリエ教本を洗い直してました。
ちょうどお盆休み1週間あったので、最終日に受験を設定して、それまでマクドナルドやらカフェにこもってました。

一日どれくらい勉強したのか、と言われるとまちまちで、朝は必ずYoutube聞きながら用意して、夜は近所のソムリエさんがいるバーで千円の5種飲み比べセットを飲みながら時々教えてもらったり、、という感じでした。

ここまでかかった費用は、上記本題と、週3日・一回あたり1000から3000円の飲み代、受験料は今回2回受験で申し込んでだいたい3万ぐらい。
一次試験だけで10万いかないぐらいです。
飲み代高いなあ。。

ワインスクールに行った方がいいかどうかについてはなんとも言えません。
私は勉強始めた時既に授業何回か終わってたので勿体無いと思っていきませんでしたが、、
わからないところは聞けるし、仲間はできるし、という環境は捨てがたく思います。また今年は他の受験生からかき集めた過去問ももらえるようなので、かなり価値があると思います。
しかし、自分ならスクール行ってるとそれだけで安心して気が緩んでしまいそうな気もしました。
リスニング系教材は3万円ぐらいなので、早めに知ってれば買ってたかもしれません。


直近やりたいこと
・ソンクラン祭りに行きたい
・マレーシアでオオトカゲのサテを食べたい
・ウツボカズラメシを食べたい
・ガンジス川に触ってみたい
・タージマハル見たい
・毎日カレー食べたい
・陸路で大陸横断したい
・カスピ海を船で渡りたい
・地中海を船で渡りたい
・ミノタウロスの迷宮が見たい
・コリントスでバンジーしたい
・黒海を船で渡りたい

いつかやりたいこと
・最強ビンテージのロマネコンティを飲みたい
・トマト祭り行きたい
・エジプトに行きたい
・スカイダイビングの免許が欲しい
・ミシンがほしい

このページのトップヘ