酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け


イランに行くにあたり、経験者から是非飲むよう言われたのが彼女曰く「きゅうりのジュース」というものでした。
半信半疑で行ってみたら本当にありました。
きゅうりはイランではフルーツの扱いです。
イランは果実のジュースというよりもシロップを水でとかしてチアシードやらなんやら入れたドリンクが人気なのですが、中でも夏に国民が手放せないのが、セキャンジャビンと言われるさわやかドリンクです。
セキャンジャビンというシロップを水で溶いてきゅうりを飾ったものだそうです。
IMG_2266

セキャンジャビン
材料
白砂糖 2カップ
水  2カップ
ワインビネガー 半カップ
ミント ハッカ油を1プッシュ

作り方
砂糖と水を火にかけ、砂糖が完全に溶けたらワインビネガーを入れて水が3分の2くらいになるまで30分ほど煮詰めます。
IMG_3862

本来はまだ熱いうちにミントの葉っぱを一束漬けて粗熱が取れたら引き上げますが、そんなに贅沢にミント使えない小市民なので、ハッカ油を1プッシュしてシロップは完成です。


飲む時はコップ1杯に対して大きいスプーンで3杯くらいのシロップを入れます。
ウオッカなどでカクテルを作っても美味しいです。

IMG_3881

このシロップ、飲む以外にもレタスにつけて食べたりもする、とレシピサイトに書いてありました。
古代ペルシャから存在するらしい歴史的な甘味、是非お試しを!

【お知らせ】
ブログの書籍化について、文章部分は完成し、現在入稿作業に入りました!
予定通り12月には出版します!
皆様の旅欲をハードに満たしていただける本になったと思います。

メインの観光やらお祭りのことを書き綴った
「酔う子とピラニアのからあげ」

レシピや食のコラム
「酔う子とドリアンのまるやき」

愛するお酒を現地で作って飲んできた渾身のレポ
「酔う子とひつじさんの酒だる」

実は一番面白いかもしれない、読む人を選ぶネタをかき集めた
「酔う子とペンギンのゆでたまご」

報告会のために写真やブログ記事を見直していたら、カーシャーンの記事をほとんど何も書いてないことに気づいたので、今更ながら上げていきます。

カーシャーンは絨毯商人ひしめく豪商の町、歴史的建造物も大金持ちの趣向を凝らした邸宅がたくさんあり、観光地になっています。
そんなカーシャーンにあるフィン庭園はカージャール朝時代にスルタンによって作られた美しい庭園で、現在は世界遺産に登録されています。IMG_3218

イスラム庭園といっても、タージマハルやイスファハーンのイマーム広場のように、刈り込まれた芝生の広く見渡せる庭園ではなく、木々が生い茂る緑豊かな場所です。

IMG_3221

中の建物の装飾はやはり一級、青い装飾のモスクに対し、こう言った落ち着いた色の装飾もまた一興です。

IMG_3229
IMG_3228

庭園の中にあるハマム(イスラム風呂)では時の宰相が殺されるなど、いろんな歴史の舞台にもなったそうです。
IMG_3234


【お知らせ】
ブログの書籍化について、文章部分は完成し、現在入稿作業に入りました!
予定通り12月には出版します!
皆様の旅欲をハードに満たしていただける本になったと思います。

メインの観光やらお祭りのことを書き綴った
「酔う子とピラニアのからあげ」

レシピや食のコラム
「酔う子とドリアンのまるやき」

愛するお酒を現地で作って飲んできた渾身のレポ
「酔う子とひつじさんの酒だる」

実は一番面白いかもしれない、読む人を選ぶネタをかき集めた
「酔う子とペンギンのゆでたまご」

ジョージア料理のイベントをやり始めたのは2018年、2年たってコンビニでジョージア料理が並ぶ日がくるとは思ってもいませんでした。
シュクメルリは元来チキンが主役で、ソース程度にクリームにんにくがかかっているシロモノです。
しかし私もわりかしこんな感じのクリームシチュー状態で提供しちゃってました。
長時間煮込むとどうしても鳥から出る水分で水っぽくなります。
あの時のイベントに来た人が、松屋だかコンビニだかの商品企画にいたのかしら。
ありがたい話です。

これが現地のシュクメルリ。
この鳥の上にかき氷のようにかかってるのは全部ニンニク、ラーメン二郎もびっくりです。
IMG_3816

まずはファミマのお母さん食堂のシュクメルリ。
いつも思うけど、ファミマのお母さんはなんでも作りすぎて才能がすごいです。
ご飯にかかるということですが、ジョージアの主食はパン、米は食べるけど主食ではありません。
IMG_3808

ご飯にかけてみたところはこんな感じ。
スモークチキンというかグリルチキンなところが現地に忠実にしようとしているような心意気を感じます。
クリーム部分もご飯にかけることを想定して味もしっかりめについています。
味をはっきりさせるためか、現地のレシピにはない唐辛子も少々入ってますが、これはこれで美味しいです!

IMG_3815

次にローソンで買えるシュクメルリスープ。
サイズも手頃で、蓋もついていて、オフィスやらで飲む想定のもののようです。
中の袋をあけて、お湯を注いで完成の、超お手軽シュクメルリ。

IMG_3809

こんな感じです。
もちろんファミマのようにがっつり肉は入っておらず、カップヌードル的な謎肉が入っています。
お味は、クリーミーでニンニクが効いていてとても美味しいです!
私はクノールのコーンスープが大好きで、いつもお湯でなく温めた牛乳で作ります。
そうするととってもクリーミーになるのですが、このスープはミルクで作らずとも大変クリーミーで味もハッキリしていて美味しかったです!
IMG_3814

セブンイレブンはどうするんでしょう、私は待ち望んでいます。

【お知らせ】
ブログの書籍化について、文章部分は完成し、現在入稿作業に入りました!
予定通り12月には出版します!
皆様の旅欲をハードに満たしていただける本になったと思います。

メインの観光やらお祭りのことを書き綴った
「酔う子とピラニアのからあげ」

レシピや食のコラム
「酔う子とドリアンのまるやき」

愛するお酒を現地で作って飲んできた渾身のレポ
「酔う子とひつじさんの酒だる」

実は一番面白いかもしれない、読む人を選ぶネタをかき集めた
「酔う子とペンギンのゆでたまご」


11月28日開催の世界一周報告会イラン編はまだお席あります!
FullSizeRender

当日出す予定のメニューはこんな感じ!もちろん日本人のお口に合うように作ってます。
お魚のタマリンドソース
イラン風枝豆ご飯
ゾロアスター風お豆のスープ
ナスのふわふわなめろう

このページのトップヘ