酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

アルゼンチンで食った牛肉は、世界で一番美味しかったです。
ダントツです。
私は和牛の油っぽさやキツイ牛肉特有の匂いがあまり好きではなく、特に脂身なんてまじで食べられません。
しかしアルゼンチンで食べたステーキはそのイメージを全部ひっくり返されるくらい美味しかったです。
赤身部分の旨味は今まで食べたどんな牛肉より強く、脂身も軽くてツルツル食べられます。
ステーキでなくともそこら辺で買う安いエンパナーダですら、牛肉の旨味が炸裂しており、飽きることなく毎晩牛肉エンパナーダで晩酌していました。

日本でもアルゼンチンビーフが食べられるお店はいくつがあります。
さらに先日Facebookの広告で出てきたのはこちらのアルゼンチンビーフ通販のお店!
早速頼んで友人達と味わうことにしました。

ソースはもちろんチミチュリです。


チミチュリソース
材料

イタリアンパセリ スーパーのハーブコーナーの小さい袋で売ってるやつ2袋
パクチー パセリと同量
乾燥のオレガノ S&Bのオレガノの瓶半分
唐辛子 1.5本分くらい
にんにく 3かけ
レモン汁 35cc
ワインビネガー 150cc
塩 味見しつつ加える(ひとつまみくらい)

作り方
葉物は包丁で刻んでから、全ての材料をフードプロセッサーにかけるだけで完成!IMG_4237

肉を焼きます。

IMG_4239

最高です、やっぱり脂身もツルツル食べられます。
この日頼んだ牛肉は1.5キロ、それを3人でぺろっといけるくらい、お腹に溜まりません。
IMG_4241

アルゼンチン名物肉ピザ(Matambre a la pizza)も作ってみました。

IMG_4242

ワインは重めの赤ワインが最高に合います。

IMG_4238


【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」


ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」
 

世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」


他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」


オリビエサラダはロシア革命のちょっと前にロシアで考案されたじゃがいもとマヨネーズのサラダで、日本のポテトサラダのベースになったと言われるものです。
角切りにしたじゃがいも、にんじん、ゆで卵、ピクルスなんかをマヨネーズで和えます。
前回の旅でロシアに行かなかった私がオリビエサラダに出会ったのは、なんとイランでした。
イランの国内線(よく落ちると話題)の機内食で出てきたのは、じゃがいもがマッシュされた、日本で見慣れたポテサラでした。
どういう経路を辿ってイランで広まったのか、機内食で出るということはきっとイランでも人気なのでしょう。
FullSizeRender

この日は友人の立花奈央子さんが調理風景の写真を撮ってくださる日、メインはボルシチなので、サラダはオリビエサラダを作ることにしました。

オリビエサラダ

材料
じゃがいも 2個
ゆで卵 1個
にんじん 3分の1くらい
きゅうりのピクルス 2本くらい
マヨネーズとか 適量

じゃがいも、ゆで卵、にんじんは茹でておきます
IMG_4222

皮むきが絵になってるすごい
IMG_4212

具材は角切りにします。
IMG_4223

マヨネーズで和えるのですが、マヨネーズはあまり好きでは無いので手作りのドレッシングを使いました。
イルキャンティ行ったことないけどこのレシピめっちゃ好き。



IMG_4216

できました!

IMG_4215

ついでに可愛く撮ってもらったゼノもみてほしい
IMG_4221



【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」
ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」
 世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」


友人の写真家、立花奈央子さんに調理風景と料理の写真を撮ってもらいました!
メニューの一つはフォトジェニックに色が出るボルシチにしました。

ボルシチ 5人分くらい
材料
牛肉シチュー用 200-300グラム
ビーツ 缶半分
キャベツ 4分の1
にんじん 半分
玉ねぎ 4分の1
ケチャップ 大さじ1くらい
ローリエ1枚

作り方
キャベツは大きめの千切り、玉ねぎはくし切り、にんじんは小さめの乱切りにします。IMG_4217

肉を炒め、表面に焼き色をつけます。
色づいたら玉ねぎなどを入れて軽く炒めます。
火が通ったら水を入れます。
煮たって灰汁が出たら適宜取ります。
IMG_4219

ビーツは千切りにして、鍋に入れます。
煮汁も鍋に入れてしまいます。
IMG_4211

ケチャップとローリエを入れ、圧力鍋で一回マックスまで圧をかけて火を止め、圧が下がるのを待ちます。

IMG_4218

圧が下がったら、塩で調味して完成です。

IMG_4213

盛り付ける時は、サワークリームの代わりにヨーグルトをのせます。
セブンイレブンのプライベートブランドのヨーグルトはマジで現地のサワークリームに近いのでオススメです。
それとディルを散らします。

IMG_4210

あとねこ。

IMG_4209

完全です!
IMG_4214

このスープは牛から十分に旨味が出るため、塩だけで味付けが完了します。
もし他の肉を使う場合は、チキンブイヨンや味の素など入れないと、物足りない味になると思います。

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」

ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」
 
世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」

他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」

このページのトップヘ