酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

ほうれん草パイ
材料
ほうれん草
ミント
ディル
フェタチーズ
パイクラフト
とき卵

作り方
ほうれん草とミント、ディルをみじん切りにし、フェタチーズと混ぜ合わせます。
IMG_4837

溶き卵をつけながらパイ生地にほうれん草のフィリングを敷いて丸めていきます。
最後は写真のように丸めます。
しかしお店で売ってるやつは、巻いてるやつよりも、ただパイ生地にフィリングを入れて、半分に折って、接着部を水か卵で止めていました。
また、フィリングそのものに卵を混ぜているお店もありました。

これを天板に乗せ、さらに上から卵を塗って、オーブンで焼きます。
IMG_4838

出来上がりがこちら!
ジャジキをつけながら食べるのが美味しいです。
IMG_4854

次にデザート。
これはパイという名前なんですが、完全にケーキでした!

オレンジパイ
材料
本体
オレンジ
ギリシャヨーグルト
砂糖
重曹
バニラエッセンス
パイクラフト

シロップ
オレンジ
砂糖
シナモン
クローブ

作り方
まずパイクラフトをちまちまめっちゃ細かくちぎります。
IMG_4848

その間にボウルにオレンジの皮をすりおろし、ヨーグルト、重曹、砂糖、バニラエッセンスを入れて混ぜます。
パイクラフトを刻み終わったらそれも加えて、ドロドロな生地にします。

これを天板に伸ばし、オーブンで焼きます。

別の鍋にさらにオレンジの皮をすりおろし、砂糖と水、シナモンを加えて煮て、オレンジシロップを作ります。
IMG_4849

出来上がった本体の生地に包丁で所々切れ目を入れ、シロップをかけます。

切り分けて残りのオレンジを飾って出来上がりです!
IMG_4855

これが思ったほど激甘ではなく、とても美味しいです。
私の舌が麻痺しているのかもしれない。
日本人向けにはハチミツをつかったりして甘さとカロリーを抑えるよう工夫してもいいかもしれません。

今日は料理教室。
参加者はアメリカ人ばかりで、みんな好き勝手思い思いにやる感じが日本っぽくなくてなかなか素敵でした。

一品めは、トルコでもよくあるやつ。
トルコのは炊いた米を混ぜるのに対し、こちらでは生米を入れて炊きます。

ドルマテス
材料
クレソン
ディル
ミント
玉ねぎ
肉(牛または鳥)
ぶどうの葉っぱ、キャベツなど

作り方
①ハーブ類と玉ねぎはみじん切りにします。細かめで。
②材料を混ぜます。
IMG_4839

③混ぜた材料をぶどうの葉っぱで巻きます。
IMG_4841

④ひたひたの水とオリーブオイルを入れて、水がなくなるまで1時間ほど炊きます。
IMG_4842

二品めは、こちらもトルコにある坊さんの気絶という料理。
料理の名前のイマーム(坊さん)という部分はギリシャでもイマームのよう。
トルコでは坊さんが
ただギリシャでは坊さんは気絶ではなく絶命するようです。

坊さんの絶命
材料
なすび
トマトソース
ディルとかハーブ類
ピーマン
玉ねぎ
にんにく
にんじん
ミニトマト
チーズ
上に乗せる用のバジル

作り方
まずはなすを縦に半分に切り、中の白いところによく熱が入るよう包丁で切れ目を入れる。
それをオーブンで焼く。
焼けて冷ましたら、中身をくりぬいて、皮と中身を分けておく。
IMG_4843

次にナスの具を作る。
ナスの中身を粉砕する。
ハーブ類、ピーマン、にんにく、玉ねぎ、にんじんをみじん切りにする。
にんじんあたりは千切りマシーンでシャリシャリする。

鍋を火にかけ、オリーブオイルを敷く。
にんにく、玉ねぎ、ナスの中身、ピーマン、にんじん、ハーブ類を投入し、よく炒める。
炒めたら、トマトソースと塩胡椒を入れ、よく混ぜる。

ナスの皮に具を詰める。
具の上にチーズ、半分に切ったミニトマト、バジルを乗せる。
IMG_4847

オーブンでしばらく焼いたら完成!

こちらが完成図。
トルコもギリシャも美味しいんですが。。
ドルマなんかは、米から炊くだけでこんなに味わいが変わるのかと。
坊さんの方は、こちらの方がお酒に合わせやすいと思いました。
IMG_4853

アテネ中心部に滞在しております。
宿から徒歩圏内に食品市場があるんです。
最後には肉売り場の写真を載せます。
(ショッキングなものもあります!)
IMG_4823

まずはチーズやさん。
ヨーグルトもここで買えます。
ヤギミルク、羊ミルク、牛ミルク、もしくはミックスのチーズが色々あります。
この国はやはりヤギが多く、ヤギミルクが主流なよう。
よく知られたフェタチーズは、ヤギとなにかのミルクのミックスだそうです。
フェタチーズと一言で言っても硬さは生産者の好みで様々で、硬さではなくミルクの種類で判別する、とのことでした。
IMG_4817

続いてさかな市場!!
なんだか見慣れた光景と匂いですね。
もはや懐かしいです。ホームです。
トルコやイランに比べて、食べるシーフードの種類がぐっと増えました。
この国はタコも食べます。
たこのケフテデス、というタコのすり身の揚げ物がふわふわでウマです。
日本で作るときははんぺんを混ぜればいいです。
IMG_4822

続いて野菜。
トマトやピーマン類を多用することもあり、大変カラフル。
フルーツはトルコの方が充実していましたが、ギリシャに来るとピーマン、パプリカ、ししとうっぽい何か、、とピーマンの種類が充実していきます。
トマトもなんだか種類豊富。
IMG_4828

続いてオリーブ屋さん。
これ全部オリーブなんです。
もう訳がわかりません。
試食もできるけど、私には違いがあまりよくわかりません。
正直オリーブ飽きました!
何贅沢言ってんだって思われるかもしれないけど、本気で毎日毎日毎日朝の食卓に上ったら飽きます!
多分梅干しポジション。
朝メシじゃなくてこれはつまみだ。
白ワインもってこい。
IMG_4830

こちらはスパイス屋さん。
ギリシャでも一部でサフランは生産されているようです。
ほんの少量で3.6ユーロ、値段は日本と変わりません。
乾燥バジルなんかは赤バジルと緑バジル分かれて売られています。
IMG_4834

最後に食肉売り場。
これは多分豚肉です。
久しぶりに生の豚みてテンション上がりました。
IMG_4819

頭も売られています。
頭も内臓も、ギリシャでは色々作れるレシピがあるんだよ、と言ってました。
どこも無駄にしないようです。
IMG_4820

以上市場でした!
ここで買った食材で、料理教室でお料理します!

このページのトップヘ