バンコクから車で約3時間、Pahon Yotin道をナコンラチャシマへ抜け、ナコンラチャシマに入ってすぐあたりのところに、Khao Yaiという一大農業地帯があります。
Khao Yaiには、ワイナリーや酪農家など、たくさん密集しております。

このPahon Yotin道沿いにあるのが、Suwan Corn Farm。
お土産やトイレがあり、サービスエリア的にも大活躍です。

お土産のみならず、生のトウモロコシ、熱々のゆでトウモロコシ、冷えたコーンミルクが売られています。
タイ人はこぞってものすごい量を爆買いして、親戚中に発送するようでした。

熱々のゆでトウモロコシは、みんな車の中でも食べているようです。
これが信じられない味の濃さでめちゃくちゃ美味いです。
シャッキシャキのコーンで、甘さ、塩味、何もかもが通常の倍以上詰まってる感じでした。 

こちらがコーンミルク。
多少砂糖と塩で調味してはいるものの、これもコーンの香りが濃く、大変美味。
小腹が空いた時に染み渡ります。
IMG_0595

ここ、好きすぎて今回の旅で2回も行っちゃったぞ。

Suwan Corn Farm

鉄道にてタイからマレーシアに入国します。
電車はPadang Besar行き。
まずはタイ側のPadang Besarで10分ほど停車します。
ここで降りてはいけません。
その後電車で10分ほど走り、マレーシア側のPadang Besarに到着。
ここで下車します。
下の地図で駅の位置関係がわかるかと。
IMG_0921

まずはタイ側の国境を超えます。
おそらく電車を使う人はあまりお金のない人が多いのでしょう。
イミグレは飛行機より時間がかかってる印象でした。
IMG_0914

そこからImmigrationの表示に従って階段を上がります。
突如現れる酒屋。
免税かどうかはしらん。

その酒屋の奥にイミグレがあります。
マレーシアは楽ですね、入国カードもなく、ただ指紋登録するだけ。
IMG_0916

これで入国完了です。
チケットカウンターがあるのでそこでチケットを買いましょう。
入国に関して何もいうことはありませんが、あらかじめリンギットを持っておきましょう。
ATMは見当たりませんでした。
私100リンギットぐらい前にマレーシア行った余りを持ってたし、聞いたらあったのかもしれないけど。

カオマンガイとは、中国海南島で生まれた料理で、シンガポールやマレーシアにも伝わり、大人気の料理です。
タイではカオマンガイ、と呼ばれています。
カオはタイ語でコメを、ガイはチキンを意味します。
マンは知りません。

このカオマンガイ、街角の屋台などでもたくさん売られています。
MRTラーマ9世駅、ショッピングモール・フォーチュンタウンを北に超えると、中国大使館のある角があります。
この道がSoi Ratchadapisek 3です。
中国大使館の角から5分ほど進んだところにセブンイレブンがあり、そこの交差点はカオマンガイ屋が集中していることからカオマンガイ交差点と呼ばれています。 
どのカオマンガイやさんもめちゃくちゃおいしいです。

セブンイレブンイレブンのちょうど向かいにある、茹で鳥を吊るしているのがカオマンガイやさん。
こちらのカオマンガイはなんと1つ35バーツ、約105円です。
そこにスープを一つ頼みます。
このスープ、鳥の骨を茹でて取っているのがわかる味!味の素ではない!!
このスープを使って炊いたのが、鳥の下のご飯!!
鳥の出汁がしみている。。
レバーみたいなのは、鳥の血を固めたものです。
血なのに生臭さもなく、まるで豆腐です。
ご飯も鳥も味が薄いので、横についてるソースを少しずつつけながら食べます。
生姜、にんにく、少量のトウガラシが甘めの醤油のようなものに混ざったタレと、鳥とご飯が合わさって、初めてカオマンガイの味が完成します。
大変美味でありました。
IMG_0649

そしてホテルのカオマンガイ。
MRTサムヤン駅が最寄りのホテル、Moutienの中に入っている、Ruentonというカフェ。
ホテルでしかも英語も通じる高級店のため、スープ諸々込みで、260バーツ、約900円もします。
都内のランチ並みです。
しかし、量は上記の路面店の約2倍あります。
鳥はしっっっとりと蒸しあげられ、全くパサパサしていません。
真空パックで低音調理しているのではないか、と推測しています。
血を固めたものも付いていますが、こちらは路面店よりもギッシリしっかりしています。
やはり臭みもなくおいしい。。
山盛り入ったご飯は、路面店のものより少し味は濃いけど、やはりちゃんと鳥から出汁を取ったチキンストックで炊かれており、絶品でした。
スープも同様、こちらは写真には写りませんが、具に冬瓜が入っています。
たくさんついてくるソースは、路面店同様お好みでつけて食べます。
一番大きい皿に入ってるやつが一番スパイシーながら、美味しかったです。
やはりお値段のことだけあり、本当に美味しかった、、、
IMG_0784

Ruentonはカフェなので、他のものもあります。
IMG_0782

食べ比べてみた結果、路面店よりも若干ホテルが勝ちかな、という感じでした。
とはいえどちらも本当に美味しい!
日本でもカオマンガイが美味しいという店に行きましたが、私の比較対象はこれらの激ウマ店のため、全く比べ物になりませんでした。
日本にいるなら、自分で鳥だし取って作るのが、やはり一番おいしい。

↑このページのトップヘ