酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

旅での現金ゲット事情まとめました。
盗まれないなら現金持ち歩くのが一番安全ですが、こんな長旅だとそうもいかないので。
画像は私の世界の現金コレクション。
IMG_2170

以下ポイント
・クレカはVisa, Master, JCB全種類作っておくこと
 JCBはなんか管理してる国がアメリカじゃない?とかで、Visaが使えなくてもJCBは可能という国があるとかないとか。
・銀行口座はできればクレカごとに分けておくこと
 クレカの引き落とし口座をまとめていると、1つの口座がハックされたらクレカ全部使えなくなったりするので、面倒でも口座は分けておくのが良い。
・海外での現金引き出し用口座とクレカの口座は一緒にしない
 なんなら現金引き出し用口座も2つに分けてもいい。
 1つハックされてもまだ予備がある。
・海外旅行保険の発動条件を調べておくこと(自動付帯、利用付帯)
 利用付帯だと空港までの運賃や最初のホテルなどをそのカードでとらなければいけないので注意。
 頑張ればクレカの付帯保険で海外旅行保険リレーができるし、その方が安価。
・クレカの所持人氏名は、パスポートと同じつづりにしておくこと
 航空券が予約できない場合があった。
・米ドルとユーロは必ずいくらか持っておくこと。
 賄賂やチップ用の小額紙幣も必ず用意する。

クレジットカードについて
楽天プレミアムカード
世界中で空港ラウンジが利用できるプライオリティパスがついてきます。
ラウンジがあるだけで空港でのセキュリティやご飯の心配が減るので、大変オススメです。
年会費は1万円くらいだけどラウンジ1回お金払うと3000円くらいするし、それを何回も行くこと考えれば即刻元が取れます。
また、年2回空港⇄家の宅配便が利用できる券もついており、これも自費でやると1回4000円くらいするので、つまりは往復ラウンジ使って荷物は空港宅配便で、年1回海外旅行行くだけで元が取れるとても素晴らしいカードだと思います。

Booking.comのカード
ポイントがつくとか保険云々がついて年会費無料とかは、他にも紹介してる人がいるのでその人のサイトをみましょう。
個人的にはそんなことよりも中国の銀聯カードがついてくるのがポイント高いと思いました。

JALカード
私はJAL上級会員を維持するためにも保持しているこのカード、年会費は1万円くらいするけど、海外旅行保険が自動付帯で、めっちゃ充実してます。
3か月分の海外旅行保険が1万だったらすごい安いです。
それだけで申し込む価値はあるかも。

キャッシュカードについて
Prestia銀行
旧Citi Bankのプレスティア銀行、世界中で現金が引き出せます。
もちろん国ごとのローカルルールはあるので要確認です。
世界中のシティバンク系列のATMだと利用手数料がお安くなります。

現金について
マネーパートナーズ
米ドルユーロはいかなくても必ずいくらか持っておきましょう。
賄賂やチップとして有用なのはやはり米ドルです。
相手によっては金で解決できることは、金で解決した方が、命をリスクするよりも良いです。
ATMが動かないときにも米ドルならどこでも両替できるし、なんならそのまま使えます。
マネーパートナーはFXのサービスだけど、米ドルやたしかユーロも、手数料なしで両替できます。
予約しとけば空港の窓口で受け取れます。
この空港の窓口も結構朝早く夜遅く開いているので、大変便利です。
米ドルは世界中だいたいどこでも買えるけど、国によってはできません。
言葉もよくわからない国で闇レートでヤバい取引するストレスより、ビクビクと持ち歩くストレスのがまだ良いと思いました。

長期で旅行に行く場合の準備日程。
余裕を持った日程ではなく、最低限の日程なので、焦りやすい人は早めにやろう。

3ヶ月前
・必要な国のビザ要件を調べ、必要に応じてビザを申請。
 イラン、イスラエルなどアメリカ入国に条件がある国に行くタイミングを見計らい、アメリカに行く予定がなくても、乗り継ぎに便利なのでESTAもしくはアメリカビザを申請するか、申請に必要な書類を発行しておく。
 タイミングによっては申請用委任状と送付用意。
 海外へ書類を送るのは高くてもEMSを使うこと。
・必要な健康診断と必要な治療を受ける。
 特に歯科治療、痔がある人は取っておくなど。
 必要な予防接種についても調査を始めておく。
 2回以上打つ必要があるものもあれば、海外の方が安いものもあるので、色々調べること。
・FrexiloamなどのSIMを使う場合は、安くなるので早々に1カ国目のデータを購入しておく。

2ヶ月前
・クレジットカードを申請、銀行口座を整備する。
 プライオリティパスは、カード到着後にさらに申請する必要があるため早めに。

1ヶ月前
・行く地域の気候に必要な装備を揃える。
・旅用のスマホやパソコンを物色する。
・各種住所変更の手続きを行う。
・戸籍謄本を申請する。
 パスポートをなくした時用に持ち歩く。
 個人番号カードでのコンビニ請求ができない自治体は意外と多いので注意。
・050プラスを入れて、電話番号を入手する。
 その他電話解約前に各種電話番号認証がいるアプリを入れておくこと。
・国際免許証を取得する。
 運転せずとも、パスポート以外の本人確認書類として持っておく方がいい。

1週間前
・買い忘れたものは、アマゾンプライムを駆使して駆け込みの買い物をする。
・役所で海外転出届。
 海外転出の日と厚生年金離脱の日付がずれる場合は年金事務所にも忘れず寄ること。
・戸籍謄本申請の委任状を書き、EMSですぐ送れる状態にして家族友人知人に渡しておく。
 パスポートをなくした時の保険。
・郵便物を管理してもらう人には、印鑑を渡しておくこと。

当日
・クレジットカードの海外旅行保険が適用されるように行動すること。
・絶対パスポートにハンコをもらうこと
 免許更新や海外旅行保険の申請その他もろもろに使える。

私は海外旅行にあたり、World Nomadという保険を使っていました。

行き先もわりと行き当たりばったりのところもあり、いつからその場所に行くかハッキリ決めていなかったこともあるため、ざっくりとかけられるこの保険がとても好きです。
また、多くの日本の海外旅行保険は、日本にいる間にかけておく必要がありますが、この保険は海外にいながらにしてかけられます。
しかし既に現地にいる場合は、72時間の保険無効期間があるため、間をあけないようにかけ続けるようにする必要があります。

この保険ですが、コロナウイルスについては一切カバーしない旨書かれていました。
他の似たような保険には条件付き(アメリカ?の発表する危険度がある程度低ければ有効、など)でカバーされるものもありましたが、医療費が心配なのも帰国の一つの要因です。
国民健康保険に加入していれば、海外で受けた治療でも、日本の国民健康保険に沿った治療ならあとから申請すれば返金される、という制度もありますが、この未知の病の治療の何が保険に沿ってるのかもよくわかりません。

海外で暮らすビザと保険がある人はそこにいても問題ないと思いますが、万が一のことを考えると、この時期の海外渡航は大変危険だと思いました。
私がコロナ疎開せず帰国した一因は保険です。
帰国直後に国民健康保険に加入しました。
渡航先で次いつ帰国便があるかわからない状況で、万が一何ヶ月も入院ということになってしまうと、経済的に困窮しても救済される術もありません。

このページのトップヘ