酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

ウズベキスタンに行ったとき、イスラム教の国なのに不躾にも「この国の、ビールにあうツマミは?!」と聞いて出てきたのが、塩っぱくてカリカリに乾燥したヨーグルトだと思うやつ、クルト。
牛乳を年単位で保存する遊牧民族の知恵のようです。
シソ(多分紫バジル)入りとかあって、大変美味しくビールといただきました。
IMG_2567

イランにもカシュクと呼ばれる似たものがありました。
こちらは塩味というよりも酸っぱくて、まるで梅干しのような味でした。
味的にも食感的にも、口の中の水分を全部持っていかれました。
そんなこれを、イラン人はカリカリとうまそうに食べていました。
IMG_2880

そんなクルトの作り方をYouTubeでしらべて、作ってみました。
お気に入りのヨーグルト、セブンイレブンのプライベートブランドのやつ2パックを、ガーゼの上にあけて約12時間水を切ります。
塩を混ぜ、軽くまとめて(多分水気が多すぎる)オーブンに入れます。
IMG_4267

170度で15分焼いてからしばらく余熱でオーブンにおいておき、その後30分くらい100度で焼いてできる限り水分を飛ばしました。
多分100度くらいでじっくり何時間か焼けば良いのかもしれませんが、せっかちな私は待ちきれませんでした。
IMG_4268


できたけど、、全くカリカリになりません。
ふわふわで、全く水気が抜けていません。
しかしこれはこれでなんかチーズっぽくて美味しいです。
はちみつかけても美味しいし、日本酒にも合います。
やっぱりタオル敷いて重石してがっつり水抜きしないとダメみたいです。



【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 
現在は英語版を鋭意作成中です。

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」
 世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」


IMG_4136

猫がうちに来て8ヶ月になりました。
2匹とも体重は4キロを超え、当初懸念してた下痢ももうありません。
先週猫の血清を狂犬病の抗体検査してくれる研究所に送り、金曜日には抗体価の証明書が発行されました。
あと半年ほど経てば海外渡航が可能になります。
私の会社は入社1年後には他部署への移籍が可能になるので、ちょうど良いかもしれません。

また海外にいくまでに、日本で終わらせておきたい勉強を終わらせるべく、3月1日にはSAKE DIPLOMAを申し込みます!

初めてロシアに行った18の時に一口齧って感動したチーズ菓子、シローク。
いつも行くたびにお腹ピッピになりながら食べまくっていました(乳糖不耐症)。
帰国したらないことに耐えられず、たまにカッテージチーズから作っていました。


それがどうやらやっと日本に輸入されたようでカルディで買えるようになったみたいです。
シロークの中でも現地でもちょいイケてるシロークのアレクサンドロフブランドのやつが輸入されてます。
あと銀座に赤の広場っていうロシア食材のお店ができて、そこにはさらにたくさんの種類があるみたいです。
最高です、輸入業者も売ってる店もめっちゃ偉いです。
私は嬉しいです、喜びの舞を踊り狂っています。
IMG_4232

たまたま写真撮ったやつがホワイトなんですが、カッテージチーズ(牛乳を加熱してレモン汁を加えて絞ったもの)を甘くしてさらにチョココーディングしたっていうやつです。
罪深いです。
カロリーは気にしてはいけません。
ちょっとまじ美味しいので、売ってる店を増やすがために、これだけは布教すべく載せておきます。
IMG_4233




【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」



ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」
 

世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」



他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」


このページのトップヘ