酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け


クバスを仕込んでわずか1日、暑くなってきているため速攻クバスができました。
出来上がったクバスは冷蔵庫で保管します。IMG_5094

そんなクバスを使って冷製サラダスープ、アクローシカを作ってみようと思います。
クバス作るのが面倒な人は、黒ホッピーで代用してください。

アクローシカ
材料
クバス 材料を入れてからひたひたになるくらい
きゅうり 1本
玉ねぎ 8分の1個
茹で卵 1個
ウインナー 4本
じゃがいも 1個
ディル 適量
ヨーグルト スプーン1杯

作り方
きゅうり、玉ねぎはみじん切りにします。
卵とじゃがいもは茹でてから賽の目に切ります。
ウインナーは輪切りにして炙っておきます。
IMG_5093

材料を器に盛り、クバスを入れ、塩をひとつまみ入れて軽く混ぜます。
ヨーグルトとディルを飾って完成!
FullSizeRender

想像できないかもしれませんが、意外なうまさです。
食べてみたいけど作るのは面倒な人は、ホッピー黒で代用してください。
夏バテの人も食べれそうなしゅわしゅわサラダスープ、是非お試しください!

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」

ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 
世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」

他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」





English translation of my book


ロシアの微発酵飲料、クバスとかクバースとかクワスとけ言われるものを仕込みました。
見た目はコーラそっくりですが、本来はライ麦パンから発酵させて作ります。

夏のロシアといえばクバス、路上にはクバスを売る車が現れます。
IMG_5090

また、アクローシカという、クワスを使ったスープなんかも美味しいです。
クワスが完成したら作ります。

クワス
材料
パン(できれば黒パン)  2切れ
水 2.1リットル
砂糖 60グラム
イースト 3グラム

作り方
パンは黒こげになるまでよく焼きます。
私は魚焼きグリルで焼いて燃えてました。消毒した瓶に材料を全て入れ、蓋をしてよく振り混ぜます。
混ざったら、爆発しないよう軽く蓋を開けて、発酵が進むのを数日待ちます。
IMG_5089


理想の見た目はコーラとか黒ビールの色です。

暖かくなってきたので、すぐ飲み頃になると思われます。
乞うご期待!


【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」
ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」
他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」





English translation of my book



ロシアといえばじゃがいも、ロシアのじゃがいもはすごく美味しくて大好きです。
なんか日本のものよりぷにぷに?してるやつが好きで、ちょっと茹でただけで丁寧に作ったマッシュポテト並みのクリーミーな仕上がりになります。
ロシアから帰国するときは、いつもスーツケースをじゃがいもでパンパンにして帰っていました。
中でも焼きじゃがいも屋台のКрошка Карошкаは私のお気に入りで、ただ焼いた芋にチーズとか乗せるだけなのに、大変にトロトロで美味しくて大好きです。
最近減ってるらしくてめちゃくちゃ残念です。

トロトロのマッシュポテトって日本のじゃがいもで作るのは割と面倒なのですが、昔ジョエルロブションさんがまだご存命の際テレビで美味しい作り方をやっていて、それを魔改造したら簡単に美味しいじゃがいものピュレが作れるようになりました。

マッシュポテト
機材

泡立て器(必須!)

材料
じゃがいも(作りたい量の3分の2くらい) 2個
水 400cc


作り方
じゃがいもは皮を剥いて1センチ角くらいの賽の目に切る。
鍋にじゃがいもを入れ、じゃがいもがギリギリ浸かるぐらい水を入れ、火にかける。
FullSizeRender

水が沸いてじゃがいもが柔らかくなるまで煮る。
くっつかないように底から混ぜる。
水がなくなってきたら、少し足す。
FullSizeRender

泡立て器でじゃがいもを潰し、焦げ付かないようシャカシャカ混ぜる。
FullSizeRender

じゃがいもを潰しながらガシガシかき混ぜる。

FullSizeRender

私好みの硬さになりました。

FullSizeRender

お好みの硬さになったら熱いうちに塩で調味(お好みでバターとか入れて)して完成!
FullSizeRender


こうすれば、茹でたじゃがいもの皮を剥いてボールに移してマッシャーで、、と洗い物と工程を削減して作ることができます。
また、ここににんじんやきゅうりなんか入れて冷やせばマヨネーズを入れなくてもポテトサラダになります。
あったかい風邪で食欲のない時にも美味しいメニューです!

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 
英語版は販売開始待ちの状態です。

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」
ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」
他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」

このページのトップヘ