酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

お気に入りの映画で、「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」というのがあります。
ロバート・ロドリゲス監督、アントニオ・バンデラスが主演でヒロインはサルマ・ハエックのコテコテメキシカン、ポンコツCIA捜査官役にジョニー・デップが出てるなんかやたら豪華な映画です。
この映画が好きすぎて死者の日を見るためにメキシコに行きました。
この映画の中でジョニデが豚の料理を食べてるシーンがあって、その豚料理の名前も出ていてレシピもあるということでググって作りました。
Puerco Pibilという料理らしいのですが、現地ではCochinita Pibilというようです。
Cochinitaというからには、赤い虫をブッ潰すところからやらないとだめなのかな、とか思ってましたが使う色素はアナトーと呼ばれる植物由来のもののようです。
どうやら色だけで味も香りもないようなので、私はなしでやらせていただきます。
参考レシピはこれ。


Cochinita Pibil
材料
豚肉 ロースとかモモとか適当に1キロくらい
オレンジジュース 1カップ
塩 小さじ1-2くらい
胡椒 小さじ4分の1
クミン 小さじ半分
クローブ 小さじ4分の1
シナモン 小さじ4分の1
オレガノ 小さじ4分の1
粉唐辛子 小さじ4分の1(元レシピはハバネロ)

作り方
豚肉以外の全てをフードプロセッサでガーします。
今回頂いたネーブルオレンジがたくさんあったので、皮剥いてフードプロセッサに入れました。
IMG_3854

水1-2カップ足してマリネ液の完成です。
IMG_3855

3時間以上マリネします。
IMG_3856

オーブンを180度に予熱します。
天板にアルミホイルを置き、マリネ液をよく切った豚肉を置いてしっかり包み、2時間蒸し焼きにします。
本当はバナナの葉で包んだ上からアルミホイルでさらに包んで2時間です。
現地のレシピではバナナの葉で包んで土に埋めて、上から火を起こして蒸し焼きです。
私は時間がなくて1.5時間でしたがそれでも充分でした。

IMG_3860

マリネ液を鍋に入れます。
焼き上がった肉と、焼いた時に出た汁も一緒に入れて、よく煮込みます。

IMG_3864

私は圧力鍋で15分ほど、そこから蓋をとり、汁が少なくなるまで煮詰めました。

IMG_3866

付け合わせの玉ねぎのピクルスを作ります。
薄切り玉ねぎに、うちにあったらっきょ酢と梅酢を合わせたやつ、パプリカと少量の粉唐辛子を合わせて放置します。
レモン汁とかゆずの汁とかでも美味しいと思います。
IMG_3861

出来上がった肉はホロッホロに崩れるのでほぐしておきます。
買ってきたトルティーヤをチンしてあっため、肉と玉ねぎを一緒巻いたら完成!!
IMG_3867

映えない。しってる。パクチーでも彩りにのせればよかった。
でも美味しいです、なぜなら茶色いから。茶色いは正義。
正直最初マリネ液を味見した時はしょっぱくてどうしようかと思ってたんですが、出来上がりは塩味のみでなくみかんの甘さなのか肉の油なのかが効いてまろやかで、ほんとに美味しいです!
肉一キロとかマジ一瞬で消えるので、ご家族いる方は倍量とかで作ってください。
玉ねぎとの相性も信じられないくらい抜群でした!
食べた瞬間メキシコシティのレボルシオンあたりの屋台街が脳裏に浮かびました。
この現地みは柑橘の酸味とオレガノの仕事だと思います。
時間がかかる料理だけどだいたいが放置する時間で手をかけてる時間は短いので、在宅勤務の時とか大掃除の時とか、絶対家にいるってわかってる時なんかに試してみてください!

ギリシャで食べ損ねたのがアヴゴレモノスープというやつ。
鳥の骨で出汁をとり、レモン汁と卵を溶かした栄養満点のスープです。
今日はお友達からたくさん柑橘を頂いたので、ゆずを使って作ります。
あと体調を考えて米粒の代わりに酒粕を使ってみます。
参考のレシピはこれ


アヴゴレモノスープ材料鳥の骨 100gくらいささみ 3切れ卵 3個玉ねぎ 4分の1ゆず 1個ぐらい酒粕 一握り
作り方
圧力鍋に鳥の骨、荒微塵に切った玉ねぎと酒粕、ささみを入れて、ひたひたの水で圧をかけて30分くらい煮る。
火を止めたら鍋を冷やして圧を下げ、蓋を開けて塩で調味し、よくかき混ぜる。
IMG_3825

卵を割り、スープを入れながら固まらないように混ぜる。
ある程度スープと混ぜたら鍋に戻し入れる。

IMG_3826

ゆずを入れる。
今回は友達からもらった塩ゆずペーストを入れる。

IMG_3827

味噌みたいに溶かします。
IMG_3828


彩りがアレなのでザアタルをパラっとして完成!FullSizeRender

優しい味でとっても美味しいです!
酒粕もよく煮てるので匂いもそこまで気にならず、完全に洋食の味です!

七草粥に向けて市販の鶏卵で鹹蛋を自作していました。
参考レシピはこちらです


スパイス類は入れずに作りました。
この写真は仕込み直後で卵が沈んでいるのですが、この後空気があるお尻の方がぷくっと浮いたまま1ヶ月過ごしました。
IMG_3571

1月7日、ご開帳です。
左が私が作った鶏卵の鹹蛋、右が市販の本場中国製アヒルの鹹蛋です。
明らかにアヒルの方が殻が薄くてからごと切って、スプーンで中身をくりぬきました。

FullSizeRender

七草粥に入れていざ。
アヒルの方が塩気が強くて、黄身まで塩が染みています。殻が薄いからかな?
白身もしっかりしていてポロポロの歯応えです。
自作の方はクセがなく知ってる風味で食べやすいです。しかし殻が厚いのか明らかに味が薄い。
FullSizeRender

考えてもわからないのが、なぜヨーロッパには鹹蛋がないかです。
塩もアヒルもあるし、黄身なんてソースにうってつけの食材だと思うんですが。

このページのトップヘ