酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け

昨年10月上旬に受けたWSET日本酒の試験に合格しました!
FullSizeRender

答え合わせした答案は見せてもらえないのですが、自分が取ったおおよその点数は教えてもらえます。
今回Pass with Distinctionとあるのは、下の表に照らし合わせると80パー以上正答っていう意味になります。
IMG_6444
製麹のところとかほとんど歯抜けだったというのに、、
発泡日本酒のところもうまくかけた自信なかったのに。。
しかもワインの方の試験は日本語で受けてPass with Meritだったのに、英語でやった方が調子出るんでしょうか。

ちなみにテイスティングもライティングも、どちらもかなり高得点が取れていたようです。
FullSizeRender

次なにしようかまだ迷ってます。
今年始めた習い事は、池坊の活け花と緊縛、ひとまずそれを頑張ってみようと思います!

スパイスって、定番のもの以外は通常のスーパーで手に入りにくいため、代用することもままあると思います。
その際に参考になるように、これを書いておきます。

植物は部位によって風味が違います。
葉っぱ、幹、果実、花、、それぞれ異なった風味を持っています。


例えばカレーを作るのにコリアンダーを使いますが、ここでいうコリアンダーはコリアンダーの種のことを指します。
コリアンダーとパクチーは同じもので、葉っぱは確かに癖のある香りですが、だからといってコリアンダーの種の部分も同じ香りがするかというとそんなことはありません。
分子構造や組織構造が違うから形が異なっているのであって、そうなると必然的に風味も違ってきます。

では代用はどうするか。
近い部位のものを代用に使いましょう。
例えばコリアンダーの種の代用であれば、同じように土の下で育っている根っこ部分が代用に使えます。
すりつぶしたり刻んだりして、オイルテンパリングすれば、かなり近い感じになります。

例えばアロマテラピーではオレンジは各部位で別の名前の精油になっています。
果実部分はもちろんのこと、花の部分はネロリという名前で呼ばれ、香水などで多用されます。

ジョージア料理で使うウツホスネリは大変独特で、日本で手に入りにくいスパイスの一つです。
これはフェヌグリークという植物の新芽部分を乾燥させたものです。
フェヌグリーク自体はインド料理などでも良く使われるので、新大久保とかのエスニック食材のお店で手に入ります。
これもシードとリーフがあるので要注意です。
このフェヌグリーク新芽部分の代用は、リーフを使うのが比較的近いと思われます。

パクチー嫌いだからコリアンダー使わない!とか、コリアンダーの代用に葉っぱ!といった使い方をしてる方もいらっしゃるようですが、これを参考に美味しさの幅を広げてもらえればと思います!

先日友人宅にお呼ばれしたときに出てきたスープが美味しかったので、乳糖不耐症対応レシピをメモしておきます。


材料
小エビ 50g
にんじん 1
たまねぎ 1
ホールトマト缶 400g1
水 400cc
すりおろしにんにく 小さじ半分
豆乳 400cc
カルディで売ってるフュメドポワソン(洋風魚介スープ)の粉 2袋
(チキンコンソメだと2つ)

作り方
鍋に少量の油を敷き、薄く切った玉ねぎ、にんじんと、エビを入れて炒めます。
IMG_6368

火が通ったらトマト缶と水を入れます。
トマトを木べらで潰しながらまぜ、ある程度潰れたらブレンダーを突っ込んでまぜます。
具材の形がなくなったら、フュメドポワソン、にんにくを入れてひとまぜします。

IMG_6369

そっと豆乳を入れ、スープがあったまったら完成!
(豆乳は絶対沸騰させないようにする)

IMG_6370

生クリームとかなくてほんとすんません。
FullSizeRender

以下私の妄想アレンジです。
結構な量できるので、野菜にトマト缶を加えた時点でフードプロセッサにかけ、ペーストにしたものを冷凍しておいて、気分でつくるのも良いと思います。
  • トマトを入れた段階で水をいれずにフードプロセッサーで撹拌し、ココナッツミルクかベシャメルソースを混ぜてペンネなんかと和えてオーブンで焼き、グラタンにする。
  • 水の代わりに、干し貝柱や鶏ガラでとった中華スープでのばし、つけ麺スープにする。
  • パスタやニョッキと和える。


【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」



ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 

世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」



他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」






English translation of my book




このページのトップヘ