酔う子のユーラシア大陸お散歩ログ

ソムリエで料理研究家の酔う子が自由気ままに世界で飲み歩く様子をお届け


2次試験は論述とテイスティングです。

論述は去年まで2問×200字を20分だったのですが、今年は3問×200字を20分でした。
お題は以下の通り。

泡盛とそれにあう料理
扁平精米について
貴醸酒について今後の展望含め記載

泡盛はとりあえず料理並べて、飲み方はうろ覚えで書いたら間違ってました。
扁平精米もちょっと違うこと書きました。
貴醸酒については自分の意見含めて書きました。
これで通るかは見ものです。

テイスティングは以下の通り。FullSizeRender

焼酎は減圧常圧のみならず度数まで聞かれました。
日本酒は1と2は特定名称当てました。
米の品種聞かれる問題は今回は五百万石を2つ選べというものでした(1つ外しました)。

色やら香りはそこまで大幅に外してないと思います。
あと緊急事態宣言が解除されたので吐器の使用が解禁されました。
これは胃腸脆弱なわたしには大変嬉しかったです。

合格発表は11月2日!

昨年の夏からお酒の勉強に力を入れてきて、これで一旦終わり、他に目ぼしい資格もないのでお酒はちょっとおやすみしようかと思います。
今後は某オカルト媒体で記事を出したり、18世紀のフランスのどうしようもない小説の翻訳をしたりしようと思います。



【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」


ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」
 

世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」


他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」
English translation of my book


依然胃腸は油物を受け付けず、ノンオイルお粥生活はそろそろ3ヶ月になります。
戸棚には肉を食う前提で買っておいたスパイス類もあって、これもそのひとつ。
カルディで買ったシンガポールバクテーの素です。FullSizeRender

裏書きを見るとなんと日本で作られてるんですね。
水800ccでこれ一袋とあるので、それで野菜スープを作ってみます。
FullSizeRender

酔う子式野菜バクテー
材料
大根 4分の1
にんじん 半分
ごぼう 半分
長ネギ 1本
干し椎茸 4個
にんにく 6かけ
木綿豆腐 一丁

作り方
具材を火の通りやすい大きさに刻む。
ニンニクは皮を剥くだけでok。
水1リットルと具材、これ一袋入れて30分煮込めば完成!

通常マレーシアで売られているバクテーの素は出汁パックみたいなやつの中にスパイス類がたくさん入ってるのですが、これは粉状で全部混ざってます。
とりあえず説明に書いてる通り全部ぶっ込んでみました。
途中味見したら味が既についてるのはいいんですが、めちゃくちゃコショウがキツかったです。
正直袋半分と中華スープの素かなんか入れた方がいいと思います。
とはいえお手軽に本格中華な香味が出せるので、緊急事態宣言が明けたとは言え外出を控えている人には、いつもと違う味を楽しめるのでとてもよいと思います。

完全に見た目は味噌汁。
あとすっごい胡椒の味です。
辛い、やばいです。
むせました。
うどんでも茹でて水増ししたこれに入れて食べるか、木綿豆腐にかけて食べるかがいいかな、と思ってます。
FullSizeRender

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」
ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」
他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」





English translation of my book



中国はかつて割と普通に人肉とか食べてたみたいです。
それをよく表すエピソードが、孔子。
孔子って聖人君子に見えて意外と人肉とか食べちゃってるみたいで、好物の一つは人肉の塩漬け、ししびしお、だったようです。
今日はそんなししびしおを仕込みます。

ひしお、と名のつく通り、醤油の元になったのがこのししびしおだそうです。
日本の醤油は大豆のタンパク質を麹のもつプロテアーゼ酵素でアミノ酸に変え、塩で味をつけたものです。
なのでタンパク質であれば肉だろうが魚だろうが醤油的なものができます。
有名なところではナンプラーやオイスターソースがあります。
日本で大豆醤油が確立したのは安土桃山時代のようですが、中国では紀元前の頃からあったようです。
孔子が生きたのは紀元前の周王朝時代、ししびしおは液体として、酵素で溶かされる前の固形の肉を食べる料理として、楽しまれていたようです。
長期熟成ものだと1-2年で液化しかけた塩辛状態のもの、早いと2週間前後で固形のものが食べごろになるようです。

ししびしお
材料
豚肉 250グラム

塩麹
乳酸菌(ビオフェルミン可)
FullSizeRender

作り方
容器をホワイトリカーで拭くか、煮沸して消毒します。
塩を容器の底に敷き詰めます。
IMG_5677

塩麹と乳酸菌を混ぜておきます。
IMG_5685
乳酸菌はこれを使いました。
IMG_5681

この乳酸菌塩麹を肉にまぶして、塩の上に肉をおきます。
以降同じようにして、肉、塩、肉、塩、と重ねます。
IMG_5680

ちょっと肉余ったけど出来ました!
塩と麹って結構うまそうでは??
IMG_5682

ここから1-2週間、様子を見ながら寝かせます。
肉が層になってる様子が愛おしいです。
5度を下回ると麹の働きが悪くなるので、暑い日は冷蔵庫に入れて、涼しい日は外に出して、様子を見ていきます。
FullSizeRender

【お知らせ】
世界一周中に書き続けていたこのブログを書籍化しました!
Kindle Unlimitedでもご覧いただけます。 

祭りや歴史・文化の観光ネタを凝縮した
「酔う子とピラニアのからあげ」
ワインエキスパートによる、世界の珍酒、名酒レビュー
「酔う子とひつじさんの酒だる」

 世界で食べ習った美味しいレシピを集めた
「酔う子とドリアンのまるやき」
他の3冊にはちょっと書けないエロ・グロ・政治宗教ネタを集めた(ほぼ)書き下ろし
「酔う子とペンギンのゆでたまご」





English translation of my book



このページのトップヘ